Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kesennuma/www/slow/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
祭りだワッショイ

祭りだワッショイ

近所のお祭りやイベントにわくわくしちゃう

東京早朝散歩

20090922_094

 第14回目黒さんま祭りでは、多くの方々においで頂き大盛況でした。

 皆さん、ありがとうございました。

 越の寒梅ならぬ、腰の塩梅がほんとでないわたしは、今回もバスでの移動を失礼しました。翌朝、泊まった先のレンタサイクルで早朝散歩。

 お堀にはカルガモの一家でしょうか?垂直に潜って何かを捕食中です。入れ替わり立ち代り潜水するので、恰好も面白くって、暫し眺めていました。(笑)

20090922_110

 ガード下の暗闇には屋台が置きっぱなし。このままで大丈夫?盗まれないの?そして、、、美味しいの?

 って、よ~く考えたら、お客さんがいるから成り立ってるんだよねぇ。ってことは、うまいのかもね。

 都心は意外と刺激的。ってつくづく思う。(笑)

seiko

奥原しんこ「花嫁の手紙」展 丸ビル1Fで

_9060001

 奥原しんこ画伯の展覧会が丸の内・丸ビル1Fので開催中です。これはアッシュ・ペー・フランス ビジューのブライダルフェアに合わせ、花嫁の手紙をショーウィンドウに吊したインスタレーション。文字をよく見ると、知った顔が切り抜かれて作られていました。その他、紫さんの坂をフェルトペンで描いたイラストもあります。東京駅丸の内口から徒歩2分。新幹線の待ち時間にぜひぜひ。

奥原しんこ個展「花嫁の手紙」
会場:丸ビル1F H.P.FRANCE WINDOW GALLERY
(アッシュ・ベー・フランス ウィンドウギャラリー)
日時:2009年9月4日〜10月1日 11:00〜21:00

KENJI

みなと祭り雑感

20090802_022

 梅雨が明けないままでのみなと祭りは久しぶりですね。空が泣きべそ寸前、今にも降り出しそうだったのが、、、何とかポツポツだけで済みました。めでたしめでたし。

 とはいえ風に恵まれず、花火は五里霧中状態でした。

20090802_028

 こんな感じです。

 花火に負けじと太鼓の競演で賑やかな中、早めに帰宅。庭先からの花火を撮って、のんびりケーブルテレビの実況で楽しみました。ともかくも、元気をもらった59回みなと祭りでした。それぞれの関わり方でまつりを盛り上げた皆さん、お疲れさまでした。

 警備で祭り本部に待機中のイノシシ団長、ご苦労様でした。

「ちょんてんのもゆるぐねぇんだぞ!」(じっとしているのも大変なんだぞ)

 って、何もないのが一番だもんね。

seiko

雑貨とおこわを販売しま〜す♪

Dsc00494

 このところ、挨拶の枕ことばは「お祭り晴れっぺが?」

 曇りならまだしも、霧雨やら雷雨やら全く落ち着かない天候なのでで、関係者は気を揉んでいます。

「お天気祭りしたてられねぇっちゃ!」

 つまり、晴天祈願を名目にした飲酒が毎晩続く、、、かな?

 毎年恒例で磯辺餅、カレー、五目おこわ、玉こんにゃくなどを出店していましたが、今年は助っ人皆無。お手上げなので何かないか探すうちfumihideのいとこを思い出しました。

 mieちゃんは自ら染めた藍染布や古布で雑貨を作って、都内の百貨店に卸しています。携帯ストラップ、根付、きのこ形のマグネット、、、どれも素朴で温かみがあります。ようし、今年はこれでいこうと思い立って送ってもらいました。

Dsc00501

 左手前は北海道のレットウォーク(赤柏)のどんぐり、右側は針刺し、奥は古布のポシェットなど、、、見ていても飽きないです。を商います。(笑)

 1日、2日の店米山武へどうぞ覗きにいらしてください。

 数に限りがありますが、2日(日)は「五目おこわ」も並べています。

 では、皆さん一緒に「晴天祈願」をよろしくお願いしま~す。

seiko

縁ですな

 僕はどうも幹事を引き受けてしまう癖があって、何かするなら積極的に関わらないと気が済まぬ性分のようだ。と自分をいかにも客観視している風に書いているが、実は分かっていない。自己管理のできないおんちゃんです、はい。先週は前職の親方の慰労会やら市長になった先輩の祝賀会やらあがらいでバー!やらウィリーさんの個展やら。そういう時に限って仕事が立て続けに舞い込んで、ひぃぃぃ、きついけど楽しい〜!状態が続く。

 それはともかくとして、一昨日のあがらいでバー、ゲスト予定の高本さんが急な海外出張でピンチヒッターに登板していただいた。高本さんが声をかけてくださった千葉弘喜さんと、参加予定だった俳優の藤田信宏さん。話のテーマは打ち合わせしてないのに両者とも「縁」について。詳しい内容は省くとして、縁を大事にすっぺね、ということだった。ところで縁とは何だろう。直解すれば「つながり」だろうが、いま書きながらひらめいた。縁とはテーマだ。自分と他人の距離は一定ではない。満潮もあれば干潮もある。その時々のテーマに応じて縁ができていくのだろうな、逆に言えば自分がどういうテーマを持つかによって縁も変わるのだと思った。類は友を呼ぶとはそういうことなんだろうなぁ。

・あがらいでバー!に参加してくださった皆さん、ありがとうございました〜!
・気仙沼から参加して、しかも差し入れまで提供してくださったのんさん、感謝です。
・今回も渋谷のショットバー「公界」さんや参加したKさんからも差し入れが。その心意気しかと受けとめます。

 さてさて、みなとまつりまで休日なしで頑張るぞ〜!

KENJI

ハマナスの咲く頃

20090527_045

 今が盛り、、、とハマナスがそよ風に揺れています。ハマナスを見ると何となしに知床旅情の歌詞を思い出してしまします。(笑)

20090527_038

 ハチが忙しそうに蜜を集めていました。

20090527_029

 ふれあい公園の向かいにあるたいやき屋さん曰く、

「風向きで甘い匂いが漂ってきてっさ~、いいもんだねぇ!」

 あま~いたい焼きを頬張りながら、あま~い香り。乙かもね。

20090527_047_2

 おっ!こんなポスターが貼ってありました~。

 日曜だけのようですが、心地よい潮風を浴びながら散策も面白いかもしれませんね。

seiko

気仙沼高校関東同窓会 7/11(土)

 告知ばかりでほとんどお知らせ掲示板と化しております。気仙沼高校の関東同窓会が7月11日土曜日、九段下のホテルグランドパレスで開催されます。旧鼎が浦高校と気仙沼向洋(水産)高校と合同です。関東在住でなくても参加になれますので、ぜひぜひ。

気仙沼高校(鼎が浦高校)・気仙沼向洋高校(気仙沼水産高校)
関東同窓会総会・合同懇親会
<日時>2009年7月11日(土)11:30〜総会 13:00〜懇親会
<場所>九段下・ホテルグランドパレス(着席ブッフェ形式)
<会費>
〜平成9年卒業 10,000円
平成10年〜平成20年卒業 3,000円
本年卒業 無料
同伴者 9,000円
ご子息(大学生まで)3,000円

お申込はこちらまで。
kesennnumakantou@yahoo.co.jp
TEL:042-401-1368 FAX:042-401-1369
気仙沼高校関東同窓会事務局(小野寺孝成行政書士事務所内・旧気高27回生)

KENJI

池口史子展

Ikeguchi2009

 またまた告知。恐縮です。

 今週、池口史子さんの展覧会があります。

池口史子展
日時:2009年5月26日(火)〜6月5日(金) 
10:00〜17:00 日曜休
場所:フジヰ画廊
(東京都中央区銀座6-7-16 TEL:03-3571-0095)

 池口さんの風景画を正面から見てはいけない。斜めから見ると飛び出してくる、というのは僕の勝手な解釈だけれども、立体的に見えて、実際にその場にいる気分になるから不思議。

 池口さんはとくに北米の風景を描いているが、ウィリーさんの家の近くにもこんな感じの通りがある。人の住む気配はあるけど何か物寂しい雰囲気があって、でも決して廃墟ではない街並み。歩いているのは車輪つきの買い物カゴを押すおばあさんぐらいで、あとは車が少々。池口さんの作品とそっくりだ。車や人も描いたら少しは賑やかになるだろうに、あえて排しているのだろうか。と書いたところでふと気づいた。寂しさを醸し出すのは街並みではなく人にあるわけで、アメリカだろうが日本だろうがその本質は変わらない。喧噪だろうが静寂だろうが、生きる意志があるかどうか、それが街並みなのだと思った。

KENJI

ウィリーシングルトン・ケンプトン窯 作陶展

04

 イベント案内ばかりですみません。来月、ウィリー・シングルトンさんの作陶展が東京と大阪で開催されます。

<東京>6/6(土)〜6/11(水)12:00〜19:00 最終日は16時まで
ギャラリー樋口文庫
(東京都港区虎ノ門4-3-9 TEL:03-3436-4412)地図はこちら

<大阪>6/17(水)〜7/2(木)11:00〜18:00
ギャラリー・アニマ
(大阪市北区天満3-1-2 TEL:06-6357-1904)地図はこちら

 大阪会場のオーナーである喜多俊之さんは、液晶テレビのアクオスのデザインなどを手がけ、日本を代表する工業デザイナー。その喜多さんとウィリーさんの対談が17日の夜にあるそうです。行きたいけれど行けるかな〜。喜多さんは日本の伝統工芸や地場産業の活性化にも取り組んでいて、日本の「ものづくり」のすばらしさを伝えています。薪窯、しかも登り窯なんて日本でも数少なくなってきているのに、アメリカで黙々と焼くウィリーさんとどんな話になるのでしょうか。やっぱ無理してでも行こうかな〜。

 というわけで、東京も大阪もぜひぜひ。

KENJI