Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kesennuma/www/slow/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
祭りだワッショイ

祭りだワッショイ

近所のお祭りやイベントにわくわくしちゃう

目黒のさんま祭り 18日目黒・田道広場公園で開催

明日の天気は曇り時々晴れ、予想最高気温33度。今日、気仙沼港にサンマが水揚げされた。

今年は例年以上に盛り上がりそうだ。目黒側の焼き手ボランティアが120人、いつもより多い。気仙沼からも90名やってくる。日の丸自動車学校そばの小さな公園で始まったささやかな催しが、今では目黒の秋の風物詩になった。

それが今年は応援と感謝の交差点になりそうで、両方を知る僕はいつまで泣かないでいられるか心配だ。気仙沼側のみなさんが、何もかも流された中での続行をよくぞ決断したと思う。4月、中目黒での募金を手伝ったとき、実行委員会のおばさんは震災直後連絡がつかなくてやきもきしたと涙声で語ってくれた。見知らぬ人が「いつもおいしいサンマをありがとう」と言って募金してくれた。目黒からの義援金は1億円を超えた。物資支援は数知れず。

お礼と言うには粗末すぎるけど、例年以上に感謝を込めてさんま焼きの後方支援につとめようと思う。

ひとり勝手に感極まらぬよう、がんばります。

東京−気仙沼 復興の願い込め サンマ5000匹を提供東京新聞 2011年9月16日)

KENJI

初さんま

 
20110824 126
 

気仙沼港に今季初のさんまの水揚げ。

冷蔵庫も冷凍庫も壊滅で、水揚げしても生出荷しかないという最悪の状態。以前のように水揚げしては漁に出ての繰り返しの、ピストン水揚げは難しいという。

「がんばれ 気仙沼の横断幕」、掛け値なしで嬉しいですね。

 20110824 102

さんまの量は18トン。満船という訳にはいかなかったようです。

関係者と報道陣で、現場はごった返しています。

そういう私は野次馬?

 ううん、目黒のさんま祭りつながりでお迎えしたら?という話だったから関係者か。(笑)

20110824 120 

形は大?中?小?

 

20110824 119 

 

魚槽からタンクに移し変え作業中、目測間違えてさんまがバラバラッとこぼれたのを職員さんが手早く拾って水槽タンクに。何せ貴重品だもんね、今日は。

 20110824 124

 そんな忙しい魚市場にあって、何を目論んでいるのか作業中のところにちょこちょこ寄って来たカモメ。

彼らはさんま食べるんだっけ?と疑問が頭をよぎりましたが、ま、いっか~ご祝儀相場のさんまを見に来たのか~なぁんてね。(笑)

今日はおすそ分けでさんまはやって来るでしょうか。

 

seiko

ヌマフェス2011



Free live streaming by Ustream

 首都圏在住の気仙沼出身者や縁のある人たちが自然発生的に集まってできた「リアス気仙沼」。育ててくれた気仙沼へ恩返しの意味を込めてヌマフェス2011を開催する。今回は気仙沼魂ライブのほか、各地の屋台やワークショップも。上記ユーストリームで生中継されるのでぜひご覧下さい。

KENJI

サンマ船の出船おくり

 

20110812 087

昨朝、4隻の大型サンマ船が出港するというので、出船おくりに参加してきました。写真は気仙沼港を基地にしている第一太喜丸さん(長崎県雲仙市船籍)です。

船首には大漁旗が勇猛にたなびいています。

いつもなら製氷タワーから氷がガシャガシャと出てきますが、今回は大型トラック2台をL字に繋げて、氷を船に積んでいました。そしてサンマ船の向こうにはサルベージ船。津波で陸上にあがったマグロ船を戻す作業をするのでしょう。震災の爪あとがまだまだ残っているだけに、大漁旗たなびくサンマ船が頼もしく見えてきました。

崎浜の大漁唄込のあと、いよいよ出航です。

見送りの人達が大きな声で

「いってらっしゃ~い!」

「気付けてね~」

大型船の解禁は15日。釧路港に集結してから漁獲作業に入るんだそうです。

美味しいサンマ、、、待ってますよ~。

 

seiko & deg

20110812 092 

打楽器のみなとまつり

20110801 007 

 日曜日、復興イベントと銘打って太鼓競演などが開かれました。

これはよさこいソーランのグループ。

躍動感あふれる踊りに観客も気持ちがはずみそう~。

 

20110801 014 

これは、青森・白神。いい音色でした~。

 

20110801 035 

11の太鼓チームが200基の太鼓で、海潮音、通りばやし、うんづら舞いなどの伝統曲を披露。

虎舞いも登場してますます盛り上がっています。

 

20110801 037 

最後はぐったりした虎に変身したのは、、、ご愛嬌。(笑)

今できることを積み重ね、、、元気に前向きにガンバロウ!!

 

seiko

たまには演歌〜〜♪

 

20110701 014

「演歌キャラバン隊」が気仙沼小学校の校庭にやって来ました。

高台だけあって、のぼり旗が風にたなびいていて、何とも心地よく感じます。

ここ数日、梅雨とは思えない30度超え。辟易としていたので一息つきました。

20110701 006

トラックのステージに北島ファミリー5人が軽快なトークを交えながら、歌ってくれました。

演歌に詳しくないわたしも、、、ミーハーぶりを発揮して手を振りましたよ!さぶちゃーんって。(笑)

20110701 017 

中学校の校庭に仮設住宅が建ったので、小学校の校庭で部活する中学生。

練習中のBGMが生演歌って、滅多にない体験でしょうねぇ。

 

seiko

感謝!

20110517 014

東日本大震災から2ヶ月あまり。多くの皆さんに支えられ、着実に復興に向かっています。その中でも自衛隊の皆さんには感謝の気持ちで一杯です。

今朝、その任務を次の部隊に託し、九州・大分に帰っていきました。大体400人ぐらいの連隊と聞きました。条南中の校庭で野営しながら活動していただいた方たちです。

20110517 013

今日は多くの市民が見送りました。

「ありがとう!」「ありがとう!」「ごくろうさん!」と皆が声を掛けながら、手を振ったり拍手をしたり、感謝の気持ちをあらわしていました。

このところ涙腺のゆるいわたしは、一台目の車から涙声で「ありがとう!、、、ズルッ。」そんな感じ。

何十台見送ったか?最後には手は痛いは声はかれるは目はショボショボと散々でしたが、気持ちは晴れ晴れ~。(笑)

20110517 011 
捜索活動等で一緒した消防の方々も、神山川土手に陣取って横断幕を掲げて帰隊を見送っていました。

自衛隊の皆さん、ありがとうございました!

 

seiko

豪華絢爛

 

20110228 011 
 
東京ドームでの「世界らん展日本大賞20011」への誘い。

観て回って目がクラクラしてしまいました(笑)

ビックリ仰天たんまげた!!!

世界広しと言う通り、、、すんごい数の蘭があるんですねぇ。

20110228 028

それぞれの部門やテーマで出展された逸品。これは、、、蘭をモチーフにデザインした着物ですね。

20110228 021 

日本の蘭コーナーに吊るしてあった、こじんまりと優し~い感じの作品。

20110228 016

「ミスコウベ」って、、、何かいいネーミングですね。

20110228 033 

3塁側の特設ステージでは「昇竜祭太鼓」による迫力あるエイサーの舞い。2年後に沖縄で「アジア太平洋蘭会議」が開催されるんだそうです。

耳に鼻に目に、蘭づくしでわたしのほうが狂喜乱舞しそうでした。

いつも舌ばかりだから、たまには別の五感も磨きませんとね。(笑)

 

seiko

 

 

 

せんまやひなまつり

〇入のおんちゃんからオススメ情報を聞き、『せんまやひなまつり』へ行ってきました。

=ひな飾りとつるし雛展 (昔の着物展 同時開催)=
■期間:平成23年2月11日(金)~3月3日(木)
■時間:午前10時~午後4時
■場所:千厩・酒のくら交流施設
■会場へのアクセス:→ こちら http://senmayablog.blog85.fc2.com/blog-entry-93.html

千厩の女性たちが作ったつるし雛のほか、江戸・明治・大正時代の着物や帯も展示してあります。

私のお雛様といえば、一年中テレビの上に内裏雛が置いてありました。

幼稚園児だったある日、友達が言った「一年中飾っているとお嫁に行けない」を真に受けて、帰宅間もなく

「今すぐ片付けてぇ~!!」と泣きました。挙げ句には友達の7段飾りと比べて1段しかないと悪態をつき、seikoさん曰く、寝るまでさめざめとしていたとか。

あれは我ながら、ものすごい剣幕だったな……

たぶん、人生で一番泣きわめいた夜でした。(笑)

 

あの内裏雛、木目込みの講習会に通ってのお手製だと知るのは最近なんですけどね。

 

改めてひな祭りについて調べてみると、江戸末期までは内裏雛のみを飾るのが一般的だったようです。

世代交代したテレビの上に、内裏雛を置ける場所はなくなりました。

かつての場所には置けないけど、もう一度飾ろうかな。

 

yoko

東京マラソン

R0012871

今年もオヤマ日記飴のリーさんが出場するとのことで、横断幕を持って沿道に。タクビー夫妻にも手伝ってもらい、スタートから3km地点でリーさんを待つ。でもちょっと大きすぎました。絶好の下り坂カーブポイントにいたので、後ろから見えないというクレームがありまして。で、一歩下がって遠慮気味に掲げていたのですが、「わたしも応援するわ」と近所のおばちゃんが申し出て、横断幕の下一帯がリーさん応援団と化したのでありました。

それにしても意外とチラ見していくもんですね。首がにゅいーんとこっち向くんです。「気仙沼の星」はインパクトありすぎたかな。それとも大漁旗にですかね。一瞬で視認できる大きさなのは名前か地名だろうから、たぶん「気仙沼」に目がいったことでしょう。応援もなんか楽しいです。って去年も同じようなこと書いたかも。(笑)

そしてスタートから約20分後、リーさんはこちらに手を振りながら、ありがとうを連発して颯爽と走っていきました。

KENJI