Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kesennuma/www/slow/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
旬ですね

旬ですね

毎年めぐる旬を追いかけて。

気づいたら

 R0010019

 東京は雪景色。こんなに積もったのは久しぶりではないでしょうか。明日のニュースは「ダイヤ乱れる」とか「138人ケガ」の見出しがおどるんでしょうなあ。地熱にあたためられてみぞれ状になっているので、この感じだと夕方には融けそうです。

 たまには冬らしくていいっちゃね。

KENJI

箸やすめ

 20100129 011

 スライスした大根を食紅入りの塩水に浸して、針生姜を4〜5本巻いて甘酢に漬けて出来上がり~!

 ほんのり薄紅色に染まって、春待つ心が表れてるような気がするのはわたしだけでしょうか。

 小春日和と寒のもどりが行ったり来たりして、まだまだ春遠しの日々。

 熊のように冬眠できたなら、1ヵ月は冬眠できそうな脂肪がついています。いや、もっとかな。(笑)

 動物ドキュメンタリー番組を見ながら、そんな他愛のないことを考えてほくそえんだり。

 そんな日々が続いている中、

 「今日ので新年会と名がつく会合なんぼめだ?」とイノシシ団長。立場が立場だけにお呼ばれがだいぶ増えましたが、わたしの前ではどうも気乗りしていないように振る舞います。とはいえ飲みに出かけるのが決してイヤでないことは織り込み済み。はは〜ん、店を抜け出す免罪ですね、これは。

 すかさずわたしは「飲まない新年会だってアリでない?」

 しかし敵もさるもの、

「飲み続ける我慢強さも、たいしたもんだべ!」

 我慢して飲んでいたら、それこそストレスにやられて体がもたないでしょうに。いなもなおピンピンしているところをみると、この我慢強さは酒を飲み続けることにあるのではなく、自分のペースでなく飲み続けることにあるんでしょうね。

 ということで、御身大切なイノシシ団長を思って、、、作った箸やすめ。(誰かがウソだ~って)(笑)

seiko

つた

 Tsuta

 しばらくご無沙汰しました。こちらもだいぶ寒くなってきました。節がずれてしまったけれども、イチョウやもみじの葉を描いてみました。実際はほどんと散っていますがね。いよいよ冬到来です。

 あと3週間、元気で新しい年をむかへましょうね。

EIKO

フォックスフェイス

20091113_006

 ペンでいたずら書きしたら、キツネ?ウシ?

 フォックスフェイス(きつね顔)なんて名前、よくつけたと思います。別名角茄子、狐茄子。

 友人が新潟の道の駅で見つけて、「『カナリア茄子』って書いてあった」と言って持ってきました。カナリアが駐まってる様に見えるからそうとも言うようですね。

 原産はブラジル、緑色から黄色、、、だいだい色に変化し、ナスはナスでも食用にはならず(残念!)、観賞用ですね。

20091113_011

 あっちを見たりこっちを見たり、、、店米山武、店内物色中?

 子ブタちゃんに見えるのはわたしだけでしょうか。(笑)

seiko

秋日和

20091018_002

 心地よい秋日和が続いています。運動会やら学芸会やら行事が盛りだくさんの人も多いことでしょうね。ここは9月に合併して気仙沼市になった本吉の御嶽神社。

 縁ある人からの招待で初めての参加。

20091018_009

 駐車場に着くなり「あれぇイノシシ団長!何したの?」と消防署勤務の知り合い。

「合併したっけ俺さもおづげ来てっさ。大きい神社だなや。」

「そうですよ。ゆうべ向かいの山に泊まって、今朝お下がりだったんですよ〜。」

 町内巡行するお神輿の準備中でした。

20091018_010

 近くには「役場の笠松」。

 ただいま剪定中で、5人がかりで真剣そのものっていう感じ。

 確か288年ほど経っていると書いてあった気がします。作業をジッと観察する日曜庭師ことイノシシ団長。

20091018_012

 折角ここまで来たのだからと、馬籠にあるS治叔父さんの墓参りをしてきました。近くに咲いていたのは「ツリガネニンジン」か「ソバナ」。

 亡くなって10年近く、、、温かかった人柄を想い出し、二人とも暫し無口になっていました。

seiko

満月を撮ってみる

Dsc010972

 土曜は満月だった。今年の中秋の名月は10月3日。ひと月早いがまあいいや。満月を真ん中にして右側にススキ、左側にアジサイ。季節の変わり目ですね〜。

 ところでアーノルド・リバーの『月の魔力』によれば、月の引力が潮の満ち引きをもたらすことから、水分が80%占めるヒトにも潮汐作用があるという。よく満月は交通事故が多いとか、出産が多いというのはこの理論によるものだ。地球誕生当時、月はもっと近くにあって、満月には200m級の津波が発生したらしい。それで海が攪拌されて生物が誕生したとの説がある。以来少しずつ地球から遠ざかっているので、津波を引き起こすほどではないけれど、何かしらヒトにも影響があるんだと思う。

 寓話かもしれないが、かぐや姫が旅立ったり、狼男が出没したりするのはこの感覚を表したものなのかもしれない。

KENJI

夏真っ盛り

Dsc00577_2 

 deg一家&degの甥っ子ケイセイ君。気仙沼での始まりはカブトムシとクワガタとの遭遇から。ハクビシンの捕獲器にバナナを入れておくと集まってくるのだそうで、ちびっ子らの為に獲りためていたとか。

Dsc00598

 恒例のソウメン流し。水遊びと化しています。(笑)

 毎年竹を割るのが面倒だからとヒノキの新作がお目見え。4mのを2本つなげて、湧き水を流す仕組み。試運転?で流しておもちゃで遊んだのかな?

Dsc00610

 竹と比べてどうだったのでしょう?たらいに山盛りのソウメンが次々と胃袋に消えていったんでしょうね。

Dsc00712

 お盆とともに暑さがやって来たここ数日。昨年と違って砂が戻ってきた御伊勢浜で思いっきり水遊びを楽しんだようです。砂が綺麗すぎて、貝殻拾いが思ったように出来なかったのが残念!でしたね。

 300枚ほどの中から、勝手にピックアップして夏真っ盛りをお届けしました~~~。

seiko

ご先祖さまへ。末代有聞でした 

20090710_010

 fumihideの曽祖母の生家、、、いわば「♪い~とこ、は~とこ、又いとこ」の牧さんから、お仏様にと届けてくれたビワ。

 「枇杷」と一緒に通称唐竹?(真竹かな?)が届いて、一句添えてありました。なにを隠そう牧さんは、地方紙の月間番付に載る川柳の達人です。

 「高級車 だけの値引きは エコひいき」とこないだ載っていたし、世相をリズミカルに表すなんてなかなかできません。

 枇杷に添えてあった句は、、、

 前代未聞 竹の差し入れ 武山へ

 確かに竹を頂くのも、一緒に一句頂いたのも初めてです。前代未聞、、、ご先祖さまの立場でみれば、当たり前ですが未聞ですねえ。(笑)

 なので、お返しと一緒に、

 末代有聞 枇杷のお供え 仏壇へ

 の一句を添えようか思案中。

 あたたかい人のつながりを作ってくれたご先祖さまに感謝ですね。

seiko

エンゼルトランペット

Angeltrumpet

 今年初めてエンゼルトランペットが三つ咲きました。咲き出したときの感動は忘れられません。私はそばにつきっきりで眺めてました。自然のめぐみはほんとうに偉大です。

 エンゼルトランペットを毎日眺めながら、次はいつ咲くのかなあときたいしています。

EIKO

なつぐみ

Natsugumi

 今年は実が一杯ついたなつぐみを店にかざっております。その一枝を描きました。

 毎年毎年時期が来ると実がなるのですね。当たり前のことですが、そう思うと自然はありがたいです。seikoが上手にいけています。

 赤色、黄色、みどりとかわいいです。

EIKO