Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kesennuma/www/slow/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
ただいま整理中

ただいま整理中

未整理の記事です。

10年かかって

R0012473

対岸のニュージャージーからみたマンハッタンです。10年前、ここにはツインタワーと呼ばれる世界貿易センターがありました。いま新しいビルを建設中で、やっと半分できた位でしょうか。復興道半ばといった感じです。

天災か人災かの違いはありますが、国際金融都市でも10年はかかるんだもの、気仙沼はもっとかかるだろうなぁと岸辺でしみじみ思いました。もう、できることから少しずつやるしかない。

さて、また明日から頑張るとしますか。

KENJI

南町商店街のドキュメンタリー放映

NHK総合 9月9日(金)22:00〜22:50

明日へ 再起への記録「めげでられねっちゃ~気仙沼 南町・人情商店街の奮闘~」

<番組内容から>
宮城県気仙沼市南町。漁港の目と鼻の先に位置するこの地区は、商店や酒場が立ち並ぶ市内随一の商店街だった。しかし、繁華な街は津波に飲まれ、がれきの山と化した。そんななか、商店主は立ち上がる。仮設店舗建設計画を立ち上げ、商店街を復興させようと走りだした。家も資金も無いなか、いかにお金をかけずに、商売を再開させるのか。さまざまな壁にぶつかりながら、結束し、へこたれず奮闘する“人情商店街”の人々の姿を追う。

南町商店街のドキュメンタリーが放送されます。みな知り合いばっかり映るんだろうな〜。必見。

KENJI

気仙沼震災写真集〜巨震激流

R0010637

気仙沼市と南三陸町の震災写真集『巨震激流』が三陸新報社から刊行された。大川で溺れかけている女性を魚倉タンクで救出する男性とか、魚市場屋上から撮った10mを越えるうねりものとか、生々しい。自宅の屋根で漂流し、その後小舟に乗り換えて助かった同級生の証言もあった。

KENJI

ファイト新聞書籍化

R0010601

避難所で暮らす子どもたちが自主発行していた「ファイト新聞」。メディアでも話題になったあの新聞が書籍化された。

「春みっけ」には満開の桜の写真が、清原和博さんの直筆サインには「レアです」とか、「イギリス人から取材をうけました」とか、子ども目線の避難生活が綴ってあって目が潤んだ。僕が一番気に入ったのは、

「夕飯のやきそばがしょっぱかったです」

あはは、大人の味付けだったんだろうな〜

KENJI

ヴァンガード、8月初旬再開へ

R0010590

南町のジャズ喫茶、ヴァンガードが8月初旬に再開する。いま、急ピッチで補修していた。店の前にいたマスターによれば、7月末の完成をを目指しているという。出来上がったら徐々に始めるとのこと。痕跡をのこすため、看板はそのままにしておくんだと。

「俺な、避難物資もらってねえんだぞ」

と言っていた。

マスターらしい矜持だと思う。

KENJI

とっさの一言

土曜日から気仙沼へ来てます。

今日は秋篠宮ご夫妻がいらっしゃったらしく、河原田で徐行する隊列と遭遇。雨なのに窓全開で、あまりの近さにびっくりして、

「ありがとうございますぅ〜」

と言ってしまった。

とっさの一言って難しいです。でも、お礼を言えたからよしとしましょうか。

KENJI

気仙沼魚市場、あす再開

R0010512

友人から届いたメールには

「魚市場、明日開場ほぼ確実。涙がでそう」

とありました。いよいよ開場ですか。よかったー!ここに辿り着くまでに色々と困難があったことでしょう。関係者のみなさんお疲れ様でした、そしておめでとうございます。

僕もなんだかうれしくて、魚市場へ覗きに。市場には「がんばろう東北」のバスが横付けされていて、ボランティアの方々がタンクを洗っていました。一つひとつ、すみずみまで洗っているのを見て、涙が出そうになりました。

でも、市場のまわりを見渡せば、復旧どころか、震災直後と変わらないところばかり。

魚市場再開で気仙沼に活気が戻ってきますように!

 

KENJI 

 

 

 

被災地応援ファンド&葉っぱビジネス&糸井重里

Itoi_yamada 

 葉っぱビジネスの横石さんとコピーライターの糸井さん、そこに気楽会の山田君が加わってのトークショーが開催されます。山田君は三陸地域の被災企業を応援する「被災地応援ファンド」を立ち上げた張本人。と本人に言ったら「いえいえ僕は違います」と否定していたけれど、彼がいなければまとまらなかったと誰もが言うことでしょう。今回の震災で人と人、情報がどうつながるかのトークショーです。横石さんのブログには、次のように書いてありました。

———————————

『今立ち上がること。つながること』

このことばってすごく大事なことを
教えてくれています。
どんなに小さなことでも、いいんです。
やってみようと立ち上がっていくこと。
そしてみんながつながっていくこと。
葉っぱビジネスは、最初は、ほんとに
小さな始まりでした。

そしていろんな人ともつながりが出来ました。
6月18日に東京でそのことを
話してみようと思います。

(横石さんのブログから引用)

———————————

横石さんは倫理法人会の講演で気仙沼へいらっしゃったこともあるそうですし、おそらく気仙沼の話題もでることでしょう。定員は200名。

日時:2011年6月18日(土) 14:00~16:00(開演13:30)
場所:品川フロントビル 地下1F

応募締切:2011年6月11日(土)応募多数の場合は抽選

PDFはこちら

KENJI

美しい日本に戻そう

 

ご無沙汰ですKENJIです。ここ約1ヵ月、やんごとなき事情により戦線離脱いたしておりまして恐縮です。知らせたい気仙沼ネタは色々あったのにすっかりボツにしてしまいました。これからどんどんアップしていきますのでよろしくお願いします。

で、目黒のさんま祭りでお世話になっているUさんが撮った画像がyoutubeにアップされています。東日本大震災復興曲として、ジャズ・シンガーのEIKOさんが歌う『美しい日本に戻そう』。近いうちに英語版も配信されるとか。

KENJI

新緑の候

 20110529 026

こどもの日はとうに過ぎましたが、被災者の方々を励ます為でしょうね、手作り鯉のぼりが泳いでいました。

というのも2週間前の出来事。1日1日がまさに「出たとこ勝負」の毎日です。

この界隈には仮設住宅が180軒ほど、市民会館と小中学校の避難所に500人位でしょうか。

「頑張って~。」って泳いでいるのかな?

20110529 022 
河原田みんなの森のツツジは丁度見ごろです。

20110529 019 
近くに寄ると、いい香りがします。

今年の徳仙丈山のツツジは見に行けないかもねぇ~と話しています。

近場で我慢、我慢(笑)

 

seiko