Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kesennuma/www/slow/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
健啖家日乗

健啖家日乗

食のことならなんでも。

さんま5000尾焼く

R0011735

目黒のさんま祭り、無事終了!ご来場いただいた皆さんありがとうございました。不漁が大々的に報じられているせいか、前日の夜8時半から並んだという猛者も。いつもより殺気立つのではないか心配しましたが、その逆でした。「こんな不漁なのにありがとう」と例年に増してお礼をおっしゃるお客さんが多かったです。ちょうど僕が手伝ったブースが5000番目のチケットと相成り、記念撮影。

僕が説明するより報道の方が詳しいでしょうから、こちらをどうぞ。

そしてお楽しみの交流会。小一時間ほどのささやかな懇親会で、毎年ドヤ節と三本締めでお開きとなります。ドヤ節を披露し始めたのは何年前でしょうか。最初、目黒の人達は勢いに圧倒されて、口あんぐりだったのを覚えています。それが今では手拍子あり、できる人は相づちもいれたりして、かなり盛り上がるようになりました。

今年のドヤ節の締めは菅原市長が。目黒のさんま祭りバージョンにアレンジしたようです。

 

R0011735

ご覧ください、まわりのこの笑顔。僕は外にいたので、なんと歌ったか知りませんが、会場がかなり盛り上がっていました。

R0011735

そして今年は『おいらの船は300トン』を斉唱することになり、全員で肩組み。

R0011735

幾重にも輪になって♪み〜な〜と でたな〜ら〜 マグロを追〜って〜。もう、ここは目黒ではありません、気仙沼です。歌詞カードなしでも3番まで歌う人が半分くらいいました。半分いるだけでもすごいです。

R0011735

肩を組む左から今井目黒区議会議長、青木目黒区長、菅原気仙沼市長、松井実行委員長。ほんとに楽しそうです。青木区長はちゃんと300トン歌ってました。

今年は気仙沼市と目黒区が友好都市を結んだとか。さんまが縁で交流が深まって、初回から手伝っている僕もなんか感慨深いです。人の輪ってこういう風に広がっていくものなのだなぁ、と。それから、騒ぐだけが祭りではなくて、心を一つにするものが祭りなのだと思いました。

KENJI

(おまけ)

R0011710

開会式をちょんて聞くホヤぼーや。3等身だとそりゃ特別席になっちゃいますね〜。健気です。

 

レシピリニューアル♪

201009017 004

目黒のさんま祭りの「すり身班」に携わって14年。

回を重ねるごとに数が増えて、最近は2000杯提供させて頂いてますが、「作り方教えてください」と言われることが多くなったので、数年前から簡単なレシピを作って机の隅に置いていました。

しかし、モノクロで色気もそっけもない。(笑)

ということで一念発起!思考錯誤で三人寄れば文殊の知恵、今年はカラーで作りました。(喜)

「ご自由にお持ち帰りください」の紙を貼って、すり身汁コーナーに置きますので、ぜひご利用ください。

 

seiko & yoko

 

豪快に♪

20100911 003 

 本日10時から「けせんぬまサンマまつり」が開催されます。

 名脇役として定着した「かぼす」。今回も販促で大分からいらっしゃいましたので、お天気祭りを開きました。

 不漁のせいで今年は高級魚と化したサンマ様。例年なら飽きる頃なのに、、、なんて言いながらワイワイガヤガヤ。

 大分の方から、カボスを使った新作の飲み物を教えていただきました。

 「どんぶり鉢のようなものと、小さめのお玉を貸してもらえませんか?」と大分からの客人。

 ボールに氷をいれ、カボス1個を半月スライス。そこに25度の麦焼酎をドバドバッ、、、と。

 カボスの香りを全体に混ぜたら出来上がり~~!

 ハイボウルならぬ、名づけて「臼杵ボウル」。豪快ですねぇ。仲間とワイワイやる時なんか最高でしょうね。美味しかったですよ。

 

seiko

酷暑の恩恵

20100909 003 

「デパ地下でおいしいパン買って来たけんと、いる?」と電話が来ました。

うちは何でも食べますから、と返事。いらない訳がありません。(笑)

パン切りナイフでザクザクザク、、、バターを軽くひいた上に自家製バジルペーストを塗ってトースターでチン。それでも十分おいしかったのですが、もう一品!ひらめいたのです。

そう、昨日漬けた「パプリカの甘酢漬け」がありました。

今年初めて挑戦したというhirokoさん栽培のパプリカ。今夏の日差しを浴びて、思いのほか上出来だったそうです。切りごたえのあるそれをシャッシャッとスライス。オリーブオイル、塩コショウ、甘酢で漬けて、ほどよい感じです。

「さっぱりしてて、うんま~い!」

密生バジルに肉厚パプリカにと、酷暑に感謝するわたしの舌と胃。(笑)

 

seiko

 

気仙沼産バジルペースト

バジルは暑さにかなり強いらしく、半月で再び密林状態に!

これ以上虫に食われまいと、えっさ、えっさと収穫したら、葉っぱだけで約150gなり~。

DSC03588

「んでミキサーで『バジルペースト』にしてしまうべ♪」

と、のん気に考えてたところに、イタリアンシェフのいとこ、Kちゃんが帰省してきました。

「ミキサーさバジルとオリーブオイル入れて、ガァーってやるだけだっちゃ?」

「うん。でも、『ジェノバソース』のミキサーは冷凍庫で冷やして使うんだよ。熱でバジルの色が悪くなるからね!あっ、あと松の実はローストして」

「おぉ~!さすが!そういえば『ジェノベーゼ』ってスパゲッティあるね~。そうだ確かに緑だ!バジルか~」

と、早速、ジェノバソース初挑戦!

DSC03604

プロの味に近づけたかな~。

パンにつけたり、パスタに混ぜたりして楽しんでみます♪

 

<材料>

バジル50g
エキストラバージンオリーブオイル100g
にんにく 1かけ
松の実 25g(香ばしさが出るまで軽く炒る)
塩 少々

<作り方>

(1)バジルは水でよく洗い、キッチンペーパーなどで水気をよくふき取る。
(2)冷凍庫でよく冷やしたミキサーにオリーブオイル、にんにく、松の実、塩を入れ、ミキサーにかける。
(3)バジルを入れて更にミキサーにかける。
(4)ソースを清潔なビンに入れ、酸化防止のために表面にオリーブオイルを浮かせてふたを閉める。

☆冷蔵で数週間、冷凍で1年程度保存可能☆
☆パルメザンチーズを入れると旨味が増しますが、保存性アップの為、使うときに混ぜるとよい☆

ちなみに、あの「母を訪ねて三千里」の主人公マルコ少年はジェノバ出身だそうです。

マルコも『ジェノベーゼ』食べてたんだべな~

 

YOKO

 

かもめ祭りにて

20100822 001

鹿折かもめ通りの夏まつりに「見さだいん」と博士川さん。

暑くて暑くて、、、最高気温が33.8度と発表されただけあって、ゴロゴロしてたほうが幸せなんですが、折角のお誘いなので意を決して出かけました。

訪ねたときには通りの有志による虎舞の梯子の前で○○祈願、神事の最中でした。見上げた夏空と日差しで暑さを実感、そこにカモメのモニュメントがポヨンと浮かんでかわいいですね。この通りにゆっくりと出かけることが少なかったので、新たな発見がそこかしこにありました。

20100822 006

博士川さんのお店では、「のりもち」実演販売中。

何を隠そう、みなと祭りに偵察にやってきたのはこの御方。のりもち店、分店しました。(笑)

kenji店長の指導が行き届いていたのか?飲み込みが良かったのか、なかなかの出来栄えです。

20100822 010

なじみの薄い商店街だから知り合いも少ないだろうと、高をくくって探検していたら「タケヤマさ~ん!買ってって~」の声。

お世話になっている病院の元婦長さんで、「気仙沼元気盛り上げ隊」として餅つきや販売を手伝っているとのこと。いきいきとして、楽しそうでした。

暑かったけど元気をもらって、さあ今週もガンバロウ!

seiko

山ぶどう

20100821 002

何にでも絡みつく蔦類は、例年だと初夏には日曜庭師にさっぱりと切られてしまいます。その中には「山ブドウ」らしき葉っぱが混じっていて、いつか実がぶらさがるのを夢見ていました。

2ヶ月ほど前、ちっちゃな実を見つけたので、もしかしたらと思い、

「刈らないで~~」と懇願。

20100821 006

別の場所でも粒生りになっています。嬉しくなってきます。

そして、夢が膨らんできました。

来年ぶどう棚をこしらえたら鈴なりにならないかな~、なんてね。

将来は自家製ワインもあり?山ぶどうだけど。(笑)

その時は、手伝ってくださ~~い。

 

seiko

あまざけ

20100810 009

早稲谷地区に伝わる「甘酒地蔵尊祭典」があり、おすそ分けをいただきました。地蔵の名の通り、甘酒です。

この地蔵さまはさかのぼること240年前、天明の大飢饉で亡くなった乳児を供養するために建立されたといいます。甘酒を母乳に見立てて供えたのが始まりらしく、今でもその行事が続いています。

記憶の片隅、忘れつつあったお祭りを想い出させてくれる味です。

むかしはあのドロドロ感が好きではありませんでしたが、今は気にならなくなりました。きっと年ね。(笑)

材料はご飯と米麹だけという、とてもシンプルなものですが、侮ってはいけませんね。

そのまんまでもすんごく、うんまい!

炭酸水で割って、更にうんまい。

fumihideにあっては、冷酒で割ったのは更にうんまい!ときた。

今度は、自分で作ってみようかな?

来年のみなとまつりで「甘酒サワー」をデビューさせようか?と夢は膨らみます。(笑)

hiroko先生!お願いします~。

 

seiko

バジルパスタ♪

20100808 001 

 種から育てた「バジル」が密林状態な上、虫にも好かれ始めてきました。

 ミント類は虫を寄せ付けないと思っていたら、「バジルはかえって寄ってくるんだよ」とhirokoさん。

 なんだぁ、そうだったんだ。

 どうりで穴ぼこだらけになってるもの。

20100808 006

 一人前に50gのバジルを使ったら、、、、てんこ盛り状態です。(笑)

 熱と蒸気でしな~っとなるのを期待してそのまま放置。

20100808 010

 最後にミニトマトとシーチキンを入れて、、、出来上がり~~。

 ちょっとバジルがこっぱしい(ごわごわ)感はあるけど、いい香りぷんぷん。

 これで今日の汗はバジルの香りになるかも。(笑)

seiko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立秋の朝に

20100807 007

暦の上では今日から立秋。響きだけは涼しいのに、、、今年は暑いより熱い!という字が的確。

もう~、何にもする気が失せてしまいますね。

そんな朝の楽しみは、猫額畑の野菜の様子を見ることで、数日前から取れだしたミニトマトは変な形をしています。

親指を立てたようなグー!の手、、、ん?鼻高々のピノキオみたい。(笑)

そんな他愛もない会話から始まる朝。

「きょうも暑くて融けそうだね~」

頭の中も融けそうです。(笑)

seiko