Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kesennuma/www/slow/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
メディア掲載情報

メディア掲載情報

メディア掲載予定など。

漁の船上生中継はじまる〔越喜来漁協〕

 FNN091127

 
岩手・大船渡市の越喜来(おきらい)漁協が、漁の船上生中継を始めた。インターネットで配信され、その場でとれたての魚や貝のネット販売が始まった。
(FNN 2009/11/27)

 へぇ〜。面白い。漁獲中継はおそらく世界初でしょう。というか、あと10年もすればこういう生中継直販型が流通のある程度を占める時代になるんだろうな〜。

 三陸とれたて市場

 操業中継カメラ

KENJI

No Music, No Whisky.

Nomusicnowhisky

 degからのメール。畠山美由紀ちゃんがサントリーのウイスキー特設サイトに出演しています。

 サントリー・タワーレコード特設サイト
No Music, No Life. No music, No Whisky.

 ウイスキーと音楽ねぇ。確かに相性抜群だけど、しばらくそういうシチュエーションともご無沙汰です。ロックグラス片手に耳を澄ますなんてーのは。

 今晩あたり、久しぶりにウイスキーでも飲みますか。

KENJI

嵐の気仙沼〜宮城・港町の特別な一日〜

 友人からとてもいいドキュメンタリーを見たと連絡があって、はて、何かと思いきや気仙沼が放送されていたんですね。見逃しました。でも再放送があります。

2009年10月23日(金)16:00〜16:45
NHK BSハイビジョン
ハイビジョンふるさと発
「嵐の気仙沼〜宮城・港町の特別な一日〜」

 水揚げといっても寄港して2時間ほどで出港する漁船の乗組員たち。台風のため一時避難したときだけは一昼夜過ごせる。その気仙沼での一昼夜の過ごし方を同時進行で追ったドキュメンタリーなんだとか。銭湯のおばちゃんが出ていたというから亀の湯のおばちゃんでしょうか。ま、今週末見てみます。

 と書いたところで、そういえば台風の夜といえば街中が漁船のエンジン音に包まれたのを思い出しました。NTTの鉄塔にぶちあたる風の音と混ざって、普段と違う外界の音に「何かが起こっている!」と興奮したものです。内湾に100隻近くがひしめきあって、逆に考えればそれだけの乗組員が内湾で待機していることになるのでしょう。そりゃ暴風時に徘徊するわけにもいかないでしょうが、乗組員を観光客ととらえるならば、岸壁のそばの飲食店で休日当番医みたいに「暴風時当番」があったら、それこそ港町気仙沼にしかできないサービスのように思いました。

KENJI

サンデー毎日 ON and OFF

Sunday_mainichi090621

 サンデー毎日今週号のグラビアに「レトロな街並みと食の宝庫・宮城・気仙沼を歩く」ということで、内湾地区の建物や飲食店が。店米山武の階段と柱時計も。

KENJI

イラストノート2009 No.10

_4180001

 イラストノート(誠文堂新光社刊)最新刊の特集で、奥原しんこ画伯のインタビュー記事と作品が10ページにわたって掲載されています。今回の特集は「コラージュ」。イラストでのコラージュといえば誰もが認める第一人者なんだと思いました。しかもしかも!気仙沼の風景だらけ。上の青い絵は昨年スイスで開かれたアートフェアに出品した作品で、紫さんの壁だとか。なんか可愛らしくも毒気があって中毒になりそうです。ってなってるか。

_4180004

 次のページも見慣れた風景ばかり。そういえば昨年、空き地にカモシカがたたずむ作品あって、よく見たら古川家さんの跡地。日常すぎて見過ごしていた風景がバーンと。思わず「あぁぁぁっ!」と叫んでしまいました。今回の作品も素晴らしいです。寂しさと愛おしさと毒々しさと、いろんな感情がごちゃまぜになって涙がでそうになりました。

 4月18日発売。ぜひ読んでみてください。

KENJI

アニメ「シャングリ・ラ」無料配信始まる

Shangrila

 池上永一原作の『シャングリ・ラ』がTVアニメ化された。で、ナント!ネットで無料配信という大盤振る舞い。世の中のおんちゃん、おばちゃん、アニメだと見下すことなかれ。

 あらすじをかいつまむと、時は21世紀末、地球温暖化で熱帯都市へ変貌した東京。快適な積層都市に住む特権市民と、地上でスコールと地盤沈下の脅威におびえ生活する庶民という超格差社会。そんな中、武装ゲリラを率いる18歳の主人公が政府軍と戦うというお話。いまの穀物や原油の先物取引と同じように炭素が取り扱われているし、これからの低炭素社会を見越した作品とも言える。そんな視点でアニメを見ても面白いかも。ともかくも、原作は見せ場たっぷりで面白かったから、たぶんアニメはもっと面白くなると思うのでぜひご覧あれ~。

シャングリラ公式サイト

アニメワン シャングリ・ラ特設サイト

KENJI

 

FMシアター『前略、桜舞うアパートの庭から』

 今週末のNHKFMで、気仙沼を舞台にしたラジオドラマが放送されます。

FMシアター『前略、桜舞うアパートの庭から』
NHKFM 2009年4月11日(土)22:00〜22:50
http://www.nhk.or.jp/audio/

あらすじ:今年度の日本放送作家協会主催、NHK後援の≪第37回・創作ラジオドラマ大賞≫の審査結果の大賞は“該当作なし”となり、佳作3編となった。その佳作第一席となった、花房朋香・作「前略、桜舞うアパートの庭から」をラジオドラマ化する。
                         気仙沼の実家を飛び出すように東京に出てきてから18年、一度も実家に帰ったことのない主人公が、久しぶりに帰って母と再会するまでの数日間の出来事を心温かく描いてゆく。(NHKFMより引用)

 出演は気仙沼出身の声優の千葉一伸さん、マギー審司さんなど。気仙沼ホルモンもドラマの味付けとして出てくるそうです。脚本を書いた花房さんはお母様が三日町ご出身とのことで、気仙沼大好きと言ってはばかりません。

 ご自宅で、車中でぜひぜひ。

KENJI

またまた美由紀ちゃん情報

 ドラマ主題歌に続き映画主題歌も。

群青〜愛が沈んだ海の色
2009年6月27日スバル座ほか全国ロードショー
出演:長澤まさみ
原作:宮木あや子『群青』(小学館刊)
主題歌:畠山美由紀『星が咲いたよ』
監督:中川陽介
配給:21世紀フォックス

 ネットで調べたら沖縄県後援、水産庁推薦だとか。はい?水産庁?!こういう推薦もあるんですね〜。原作を読んでないので軽はずみに言えないけれど、察するに海に生きる家族の心象風景を描いた作品なんだと思う。監督のブログによれば、レコーディングの際、美由紀ちゃんのたおやかな歌声と映画がリンクして、泣いてしまったという。

KENJI