Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kesennuma/www/slow/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
水平線はどこまで見えるか
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kesennuma/www/slow/wp-includes/post-template.php on line 284

水平線はどこまで見えるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Img_0485

 田野畑村にある鵜の巣断崖から水平線が見えて、どこまで見えるのか調べてみたら意外や意外、そんな遠くまで見えていないんですね。ちゃんと数式があって、

 水平線までの距離=3570x√いま見てる高さ

 なんだとか。ということは断崖が約200mなので、計算すると約50km先まで見えているわけです。なんだ、もっと遠くまで見えているのかと思いました。

 ちなみに安波山からだと約55km先、室根山からは約107km先まで見える計算です。海面から自分の目線(1.6m)だと約4.5kmでした。自分が見えている世界は広いようで狭い〜。

KENJI

googleの検索ボックスに次の数式「3570*√高さm」を入力すると水平線(地平線)までの距離が出ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. のんの より:

    中国にハマグリを買いに行っていた時、トラクターに乗りすごい揺れに耐えながら沖めがけて1時間くらい走って後ろを振り向いたら岸が見えなくなっていたのを思い出しました。
    5km以上遠浅の海って他にもあるのでしょうか?!
    小泉海岸しか知らない私はちょっとビックリしました。
    でもその時は潮満ちてきたらどうすっぺとばかり思っていましたが・・・。

  2. KENJI より:

    >のんのさん
    陸地が見えないほど遠浅って…さすが中国。フロリダのキーズあたりも遠浅かもしれませんね、海に道路走らせてますし。船員は360度水平線つうことばかり(当たり前ですが)でしょうから、すごいなと思います。

  3. ミルク世紀少年 より:

    え~ それしか見えてないんだ~(◎o◎)
    昔、気仙沼からアメリカ見えた という、がばいおんつぁんいだげど、信じてながったけんと、意外にも見えてないんだね~。

  4. KENJI より:

    >ミルク世紀少年さん
    あははー!いましたいました、がばいおんつぁん!たしかカックラキン大放送で千昌夫が「おれの故郷はアメリカに一番近い。だから金髪の嫁さんもらった」みたいな話をしていたのを思い出しました。

  5. ハマー より:

    海面から君の目線で見えた辺り、エチゼンクラゲで大変な事になってると岩手日報に載ってたよ。
    定置網は鮭シーズンだけに、これからの漁が心配だ…。

  6. KENJI より:

    >ハマーさん
    あれぇー、それは大変だあ。こんな穏やかな海の下でそんなに発生してたとは。

コメントを残す

*