Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kesennuma/www/slow/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843
タケヤマ家の家紋
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kesennuma/www/slow/wp-includes/post-template.php on line 284

タケヤマ家の家紋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

kamon
「抱き茗荷」が家紋になった由来はどうしてなんでしょう?

フォトアルバムの暖簾を見ててふと思いました。。

ちなみに家紋辞典によると、
茗荷みょうが
日本十大紋の一つ。日本原産、秋の草花である茗荷は物忘れの妙薬としてよく知られていますね。また麻酔作用があること、邪気を払う草花をしても有名です。ミョーガという音は神仏の加護を意味する冥加」に通じます。また煩悩を解脱させるとして民間信仰の対象であった「摩陀羅神」のシンボルが茗荷であるところから、神仏の加護を受けられる、縁起がいいということで茗荷紋が誕生したとされています。ですから神社や寺で使用されることが多い紋です。杏葉(馬具の一種)紋の形とよく似ていますが、見分け方としては、葉脈があるのが茗荷紋です。

DAIJI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. KENJI より:

     もし明治時代に決めたとしたら、何となく、だったんじゃないの?トレードマークが必要になったら、自分だったら家紋リストみて「この図案良くない?」みたいな感じで選ぶような気がする。どの系統か、源氏平家どの流れを組むかよりも、先代はなぜ抱き茗荷を選んだのか、その理由が知りたいね。
     建物にしても往々にして魔除けの桑が使われたりしているから、抱き茗荷にしたのも魔除け、縁起担ぎの要素が強かったんじゃないかな~。
     今風に言えばCIデザインかねぇ。家だからHome Identitiy? Family Identity?

コメントを残す

*