音声ガイド

武山米店概要

武山米店は明治10年に創業、現在地へは明治33年に移転しました。

大正4年、昭和4年の大火で焼失し2度再建。

平成23年東日本大震災の津波で約3mほど浸水、軒裏がすべて流失するも建物の大半が残り、復原しました。

昭和5年に竣工した2階建ての店舗および主屋「本館」は、部材を一つひとつばらし、位置をずらして組み立て直しています。

「蔵」は以前と同じ位置のまま、津波で削られた部分を修復しました。

また復原にあたり、「本館」と「蔵」をつなげる平屋建ての「新館」を増設しています。

<炊飯博物館>

修復した蔵を改装し、「おいしいごはん」をテーマに、炊飯とごはんに特化した小さな博物館です。

常設展示
1.羽釜から最新炊飯器、おもしろ炊飯器
2.稲の歴史、おいしいご飯の炊き方パネル
3.流失を免れた明治・大正期の食器
4.稲・米・炊飯・料理レシピ書庫(2F/非公開)

入場料:無料

営業時間:平日・土曜・祝日 9:00〜18:00
(店舗営業時間)

<2階和室一般公開>

本館2階和室は次の日程で一般公開をおこなっています。

公開時間:毎週土曜日 10:00〜16:00

入場料:無料