文月雑感

DSC00123

「あれっ、何か少し変わった?」

そんな印象を持った方は、内湾通(笑)ですね。

笑い事ではないですが、更地や残った建物など、、、ちょっとずつ変化はあります。

角星さんは波力で20メートルくらい奥へ押され、お隣さんへ引っかかるようにしてとどまっていましたが、曳家したのでしょう。建物と地面の間に丸太を敷いて、ちょっとずつ転がすんだとか。

P1000807_01

これは角星さんのホームページから拝借した、直後の写真です。

内湾にあった登録文化財を保存する動きがあり、まずは応急処置がほどこせる段階までやってきました。

 DSC00126

銀座と名のつく商店街で日本一短いといわれる「大堀銀座」。その距離70メートル位でしょうか。小さな商店街ですが、常連客の絶えない元気なお店が並んでいました。そこに残ったビルには綺麗な手折りの七夕飾り。

6月末はなかったから、きっと7月の声と共に飾ったのでしょうね。

どれ位の時間をかけ、どんな思いを込めながら折ったのでしょうか?

DSC00134

アジサイ山の様子、、、空梅雨なうえ気温も影響しているのか、やっと咲き出した感じ。

いよいよこれから~、日ごと楽しみが増えると思うと心弾みますね。

 

seiko

続々 風雪流れ旅

 

DSC00029

台風4号で避難勧告の出た地区があったり、大島航路や大船渡線も止まったりとだいぶ心配させられましたが、大過なくやり過ごせました。

その後、暑くなると思いきやヤマセでしょうか、クシャミを連発しています。

夏至を過ぎたとはいえまだまだ肌寒い中、店米山武のご近所も取り壊しがすすみました。おとなりS本さんの2階が終わり、そのとなりの通称かすんてさんは蔵がなくなりつつありますが、奥の建物は残すそうです。

そして復活したバス停には待ち人。

DSC00031

シートが張られたN井さんちの前でバスを待っていました。

DSC00041

数分後、バスは待ち人を乗せて出発しました。

DSC00044

いつもの何気ない日常なんですが、現実は厳しいですね。これからの道のりを考えるとうーん、、、もう一踏ん張りと思ったり、不安になったりの繰り返しです。まるでことしの天気みたい。

そしてまた、エンジン音をかき消すくらいの、硬いものをつつく音がまちに響きわたります。

 

seiko

続・風雪流れ旅 

_6070947

昨日から始まった店米山武の裏側部分の解体。

_6070955

グァ~~、グァ~~、ガリガリ、、、、。

_6070985

散水しながら、ベリベリベリ~。

 _6071018

お隣の物干し場が見えてきました。

そして、さらに隣の松月堂さんのビルも現われています。

 _6070993

思わず息をのんだ真ん中部分。

台所に貼ってあったカレンダーが、、、あの日のままです。

そりゃそうだ、壁がめりこんであの日以来そのままだったのですから。

悲しいけど受け入れねば、ね。

今日の夕方にはキレイさっぱりになりそうです。

seiko

風雪流れ旅 

_6060890

6月6日の店米山武です。

隣の佐々木金物店さんの解体が終わりました。

お隣りとのすき間は30センチあったでしょうか。そこを蟹歩きできるのは大工さんくらい。といっても直したことなんてここウン十年ありませんから、傷んだ外壁が「風雪流れ旅」ならぬ、風雪流れさび、錆?寂?の状態(笑)。

_6060908

P6060897

そして明日6月7日から、登録文化財になっていない我が家の奥の解体が始まります。

一部ではあっても無くなってしまうと思うと、幾分感傷的になりますね。すでに解体を終えた方は、こういう気持ちだったんだろうな、って。

ま、ファイト!一発!初鰹でも食べて、、、踏ん張りましょうか。

 

seiko

ジェンガ?

_5160858

「まるで、ジェンガみたいだねぇ」

yokoが友人から言われたそうです。

う~~ん、そう言われればそうかもね。

_5160870

横から覗いてみると、、、

上手~く組み合わさって、まさに巨大ジェンガ状態です。

なぜこういう風になっているか?

解体のための準備なんだそうです。

交差点の中で大型機械がガシャ!ガシャ!と言う訳にはいかず、手作業で解体されるとか。

_5160855

お向かいのこふじやさん、小山呉服店さん、永沢さんは3月中旬には何にもなくなりました。

新潟屋さん、吾妻さんも終わり、今日はマスヤカメラさんが更地になってしまうでしょう。

6月からはイコーレ(丸光)と立体駐車場が解体されるそうです。

_5160871

にぎわいのあった南町。無くなってしまうと何処がどこだかサッパリ解らなくなってしまう。

悲しいのを通り越して、笑うしかない。なんて悲しいね。

 

seiko

 

桜満開~♪

_4280801

まだかまだかと心待ちにしていた図書館前の桜が見ごろになりました。

風はまだ冷たいものの、昨日の雨でスッキリ!

塵埃も取れ、、、青空も広がって最高のお花見日よりです。

ツツピーツツピーとシジュウカラ、ウグイスもホーホケキョ!ギャーーと甲高いのはヒヨドリでしょうか?

体育館からは中学生の声、小学校の校庭では中学生ソフトボール大会。宇津木妙子杯だとか。

にぎわいを感じながら散歩しました。

_4280805

 桜のトンネルへど~ぞ~!

_4270782

先日の補強工事後の店米山武。

震災後の後片づけで、瓦礫の板に連絡先を書いて置いておいたんだっけ。誰が書いたか?忘れてしまったけど、degさんだったかな?大工さんがちゃんと設えてくれました。

 

seiko

 

ロックポートへ行ってみた

R0014140

ボストンへ来ています。

ボストンといえば米国建国の地とか、ハーバードやMITがある学都というイメージが強いですが、じつは世界二大シーフードショーの一つがボストンで開かれたりして、水産業界では知られた町なんだとか。で、ボストンから北東へ車で1時間のところにある港町を訪ねてきました。このあたりには米国最古の漁港町グロスターや、画家が好んで描く魚の荷揚げ小屋のあるロックポートがあります。

上の写真はロックポートの家々。海にせり出して大丈夫?って思いましたが、こちら大西洋ですもんね。それにしても緯度が近いからなんでしょうか、光の量なんでしょうか。海と空の色が東北に似ています。気仙沼の岩井崎ですよ、と言ったら納得されちゃうかも。

R0014161

これがアメリカで有名な魚の荷揚げ小屋「モチーフNo.1」。モチーフナンバーワンって名付けるあたり、いかにもアメリカっぽいです。ものすごく分かりやすい(笑)。多くの画家や写真家がこの小屋をモチーフにして作品をつくっているんだそうです。防波堤の先に赤い小屋がぽつんと。寂寥感がただよって、とてもいい雰囲気です。

R0014156

近くにはロブスターを売る魚屋が1軒。

それ以外はおみやげ品店かと思いきやギャラリーが多数。いやらしく商業化されていない観光地という感じでした。

R0014157

そしてここはツナワーフ3番地。直訳したらマグロ波止場3番地。

魚町、港町、魚市場前みたいな住所です。

今回はボストンからバークシャー地方を経由して東ペンシルバニアまで向かいます。

 

KENJI

荒野の用心棒

_4260781

店米山武の現在の様子です。

お向かいの一角は、岩手銀行さんといくつかのビルが残るだけになってしまいました。

近隣も木造家屋は基礎部分があるものの、キレイさっぱりとなって、、、荒野そのものです。

_4260778

去年5月に解体申請を済ませてはいましたが、登録文化財ということで様々な方面から残す方向で話が進んでいます。両隣とも解体してしまうので、結果的には店米山武のみ。

ぽっつーん!となってしまう。

_4260775

いざ解体工事になると、いろいろな技がいるみたいですね。

側壁がめりこんでいるので、おとなり解体中にドリフのコントみたいにベッシャーンいかないように、ということで補強工事が始まりました。柱を立てて、筋交いを入れて土台は?なんちゃら?かんちゃら?だそうです。

これこそまさに「荒野の用心棒」ですね!

西部劇でよく見る両開きのドアでもつけて、馬もいれば完璧かな。(笑)

 

seiko

 

 

今日の桜

_4190763

図書館から市民会館前のソメイヨシノが気になって仕方がありません。

例年にない寒さのせいで、全国どこもいつもより遅い!ので「まぁ、しょうがないねぇ。」

そんな会話の今日この頃。

遠目に見ても、まだまだピンクっぽさが全然感じられません。

カメラを片手に歩いてみたら、、、ほんのちょっとだけ膨らみかけたピンクを見つけました。

あと一週間くらいでしょうか?

 

_4190766

レンギョウとあんずの花?が、河原田みんなの森の先頭を切って咲いています。

ソメイヨシノ、しだれ桜、八重桜、、、桜の競演はもうすぐ。楽しみですね!

 

seiko

 

気仙沼さんま寄席♪

_3260758

うぇるかむ 遠くから来る人たち!

「気仙沼さんま寄席」が昨日開かれ、スタッフとして参加しました。

落語に端を発した「目黒のさんま祭り」も回を重ねること16回。もちろん今年も9月に開かれます。そのさんま代金をと「ほぼ日」さんが一肌ぬいでくださいました。

日帰りあり、宿泊ありとチケット付きのコースで、名前も「カレイ」「ヒラメ」「カツオ」「タラ」「サメ」とユニーク。平泉観光付きのコースや、被災地をぐる~っと回るコースもあり、全国から気仙沼へお越しになりました。

全国からいらしたみなさん、思い出に残る旅になったでしょうか。

立川志の輔師匠のこの日ならではの落語会。談修さんの「目黒のさんま」、糸井重里さんと志の輔さんのこたつ談義もあり、盛りだくさんでした。

時折みぞれが降ったり、晴れ間がさしたり、春は名のみの、、、日でしたが、声をからしながら「いっらっしゃいませ~!」のチケットもぎり。

迫真の落語に泣き笑い、打ち上げで泣き笑い、お客さんやスタッフの清々しい気持ちに囲まれて、元気をいただきました。

みなさん、また来てね〜!

seiko  yoko