ウィリー・シングルトン

willi2willi ウィリーさんが11月にやってくる。
 彼の父上は文化人類学者で研究テーマは「太平洋諸島の教育と文化」。シングルトン家は父の在外研究とともに日本、ハワイ、トラック諸島など太平洋の島々に移住していたそうな。大学時代、社会学から陶芸に転向して日本縦断陶芸の旅を敢行したというからすごい。「益子にも唐津にも薩摩にも自転車で行った」と言う。その話を聞いてオイオイ、益子と唐津は1200キロも離れているぞと突っ込みたかったが、ペダルをこいで駆け抜けるほどの情熱が有り余っていたのだろう。丹波、信楽、益子で日本語の壁と格闘しながら修行を積み、地元に帰って開窯した。そんで登り窯を自分で作っちゃったんだもの。
 で、近くの山で採った粘土質の土を漉し、灰釉など近所の農家から譲り受けたものを燃やして作る釉薬が多い。全て手作業だ。蹴りろくろを使い、自然乾燥させ、薪の炎だけを頼りに焼成する。灰釉は1200度以上にならないと溶けない高火度釉だから、ウィリー式登り窯の内部は1300度まで上げるため、三日三晩薪を燃やし続ける。この作業を年2〜3回、20年近く繰り返している。
 ウィリーさんは「僕はお金がないから、そこにあるものを使っているだけ」と照れ笑いするけれど、自然にあるものが人間の手で器になる、その工程を一人で完成させてしまうのだから尊敬してしまう。ウィリーさんの器に食材をのせると、作業光景が目に浮かび、コンビニで買った春雨サラダでもさらにおいしく感じるのですよ、これが。
 お猪口から壺まで大小の器を即売します。是非見に来てください。日が迫ったらまた連絡します。それでは。

秋色・むかご、どんぐり

040923_08350001040923_08320001むかごはあまり馴染みが無いかもしれませんが、家の周りにはえている山芋の子ども?(葉のつけ根につきます)です。ゆでたり、乾煎りし塩コショウ、もちろん生でも、、、、と居酒屋せいこの珍客へのお通しになったりします。気にも留めなかった食材が美味しく利用できた時の感激はわすれません。
どんぐりを拾うと童謡を思い出し、ついつい歌ってしまうのはなぜかなーー?

SEIKO

秋色・金木犀

040923_06410001
匂いで「咲いてるよーーーー」って知らせてくれました。あまりにも大きくなったのでフミヒデは「切りつめるぞ!」って言うけど、花が終わるまで待っててネ。

SEIKO

国立駅南口の洋館

040922_115501取材でJR国立駅南口の大学通りにあるル・ヴァン・ド・ヴェールへ行った。昭和2年に建てられた洋館をレストランとして活用しており、通りから少し奥まったところに入口がある。店米山武と同じ時期に建てられたこの洋館は、やっぱりメンテナンスが大変だとオーナーが言っていた。窓枠も床板も全て木材で、変えていないのは屋根の瓦ぐらいだとのこと。ランチの取材のはずが、ついつい建物のことばかり聞いてしまった。というより、その方向に導こうとして「建物の維持は大変でしょうね」とか「この味を引き立たせるのに建物も一役買っていますよね」と言う始末。食事を説明する傍らで、天井を見上げたり庭を眺めたり挙動不審な態度を取っていた。

kenji

家伝薬その1・ハチミツほうずき

040921_19180001これから寒くなると喉の痛みから風邪かな?と思うことが多くなります。そんな時我が家ではこれをなめます。早い時期であれば、、、だいたい治ります。作り方は簡単です。ハチミツ200〜300cc にほうずき15個位を手でつぶして入れてかき混ぜる、、、。時間が経つとほうずきが浮いてきますが、約5,60日位で利用できますので、かき混ぜてからなめてください。量とか回数?は、、、小スプーンでくっついてきたくらいを数回?ま、適当に、、、。今作ると丁度初風邪ひくころに間に合うんだよね。どんな薬効が有るかはわかりませんが、効きますよ。

SEIKO

目黒のさんま祭 〜帰還

040919_17090001040919_16540001040919_13500001

無事気仙沼へ戻ってきました。
古典落語「目黒のさんま」にちなんで、気仙沼港に水揚げされたさんま約1トンを目黒区に直送し、炭火で提供しました。今年は主催者発表で5万人!その半分だったとしても、いつもより多かったのは確かです。汗だくで奮闘したこと、疲れも吹き飛んで、、、心地よい汗、、、になりました。関東に住む気仙沼出身の美人で構成する関気会の方たちが、「さんま」の作り物?を頭に着けてさんま焼きをお手伝いしてくださったことを知り、カメラに収めました。形といい色といい、本物以上だと思いませんか?

SEIKO

一期一会

okura
 虎ノ門にある老舗ホテルに家族で泊まった。
 チェックインを済ませ、ベルマンと挨拶をすると間もなく「どちらからお見えになられたのですか?」と聞かれ、「子供たちは東京にいますけど、私たちは宮城の気仙沼からです」とセイコはおのぼりさんであることを明かした。ベルマンはすかさず「私、女川なんです。」私たちは「エーッ。」家族の緊張が一瞬にして解けた瞬間だった。それまでは、先に着いたセイコは「現在地はどちら?」なんて普段使わないような言葉遣いで携帯に電話してくるし、フミヒデはジャケット着ているし、ケンジにいたっては焼きさんまの香りが残っていないか入念にチェックしているし。フロントから部屋の案内まで10分足らず。そのわずかな時間で人の心をつかみ、ホテルとの距離を縮める何かがそこにあった。何人もいるベルマンの中で彼に出会ったのは偶然で、名前も知らない。ベルマンになってまだ半年のようで、そこに話術のテクニックが存在していたわけでもない。大袈裟だが、これが一期一会なのかも知れない。

KENJI

目黒のさんま祭スクラップ

目黒のさんま祭の関連ニュースです。
TBSニュース 気仙沼から5千尾「目黒のさんま祭」
河北新報 気仙沼のサンマ“日本一”をPR 東京・目黒
YAHOONEWS 気仙沼のサンマ“日本一”をPR 東京・目黒
気仙沼かほく 心待ちサンマに舌鼓
大分合同新聞 「目黒のサンマ」相性バッチリ 大分県産カボスPR

KENJI