商港岸壁付近のこのごろ

DSC06140

ここが何処か?皆目見当つきませんね。
右奥の山が安波山です。
震災前、大島へのフェリー乗り場があった付近だと思います。

DSC06141

南側方面。

右の建物は、新しくなった漁協のビルのひとつ。

向こうには亀山が見えます。

DSC06143

大掛かりな工事が着々と進められています。

GW中で、だぁれもいないです。

DSC06142

初めて知った、「胸壁」という言葉。
大々的な災害復旧工事現場などには、ほとんど行くことがないので、目を凝らしながら眺めてきました。

どうか予定通りに進みますように。

 

                                                     seiko

内湾風景

DSC06092

しばらくぶりの投稿です。
暑さ寒さも彼岸まで、、、そして、桜もあっという間に葉桜になってしまいました。
そこそこ元気です。

震災からの復興も、、、区画整理は地権者の同意があってですから、、、なかなか。
皆それぞれ思い入れがあるので、まとめるのは難儀な作業だろうなぁ。

やっと、四月の声と共に、、、ぼつぼつ。
残っていたビルで住んでいた人たちの引っ越しも始まり、解体や基礎撤去があちこちで。

上の写真がどこか?だいぶ様変わりしたので、解らないでしょうか。

 元七十七銀行があった所から、南町~柏崎方面。

解体中のビル北側周辺に集合ビルが出来て、1-2階を店舗、3-5階が災害公営住宅の予定です。

 P4250191

解体中のビル。屋上から水を掛けながら、、、ベリベリベリ、、、。
周辺に何にもないので、思いっきり壊せる?のでしょうか。

なんだか、あっという間に無くなってしまうという感じ。

DSC06086

旧気仙沼女子高の解体も着々と。
ここにも災害公営住宅が建つそうです。

ときどき歩いて、進み具合を見ていこうと思いました。
店米山武は今のところ進展なし。
角星さんの店舗は復興住宅工事に支障が出てきたので、全部解体しました。
一時保管して、来るべき時が来たら補修建築されるとのこと。
たぶん、うちもそんな感じで解体されるかもしれません。
合地、仮換地、解体保存、かさ上げ、、、
土木用語だらけです(笑)が
気長に暮らしていきま~す。

 

seiko

あけましておめでとうございます

DSC05747

ひつじ年2日目の日の出。
元旦の初日の出は、雲にはばまれて5分ほど今か今かと気をもみました。

気温も氷点下4度、、、ピリッとしていて清々しい。

風もなく、内湾が湖のよう。

市場もまだ始まってないので、行き交う船や車もなく静寂感がなお感じられます。

 

DSC05749

そんな静けさの中、ピーチクパーチクすずめの団体。
「おばちゃん何かくれねぇかなぁ」

なんてね。

 

DSC05751

店米山武の神棚も引っ越しを余儀なくされて、、、四度目のお正月。
年末の日の佳い日に、神棚飾り作業。
あ~だ、こ~だと悪戦苦闘するのが、毎年習わしみたいなもの。
「そうだ、!写真、写真。」

 大晦日には、お神酒、ご飯、牡蠣の清まし汁、なめた煮つけやお刺身、漬物をお供えし、

一年の計、来る年の家内安全、商売繁盛を祈念しました。

今年はいつもと違った大晦日、半年前に結婚したkouちゃん夫妻、奥さんのご両親がのりおさんとゆうやんの墓参りに来てたので、一緒に年越しの晩さんをし、想いで話をしました。

笑いあり、しんみりあり、和気あいあいで一年の締めくくりをしました。

健康第一!で過ごしたいと、つくづく思う年の初め、どうぞ今年もよろしくお願いします。

 

SEIKO

目黒のさんま祭りに向けて

9月14日、目黒区田道公園で目黒のさんま祭りが開催されます。

初回が平成8年。今年で19回目です。紆余曲折、暗中模索でしたが、多くの方の協力で目黒の風物詩と言われるまでになりました。ほんとうに有難いことです。

DSC05305

長蛇の列のさんま焼きが注目されますが、田道小学校での「ホタテ貝アート」体験も隠れた人気スポットです。
先日貝洗い作業に参加して、亀の子タワシでゴシゴシゴシ、、、それでも取れないガンコ付着物はドライバーや専用の包丁?ナタ?でガリガリガリ。

DSC05311

軽く乾かした後、漂白剤入りの水に一昼夜程浸けてさらに美白に。(笑)

当日、思い思いの絵が描かれるのを待っています。

DSC05310

こちらはさんまに振る塩の仕上げ作業中です。
左が荒塩。海水を2トンほど汲み上げて、数日かけて炊きあげた物です。
暑いので大変だったと思います。
その御苦労話を聞きながら、フルイにかけてきめ細かな塩に。

DSC05302

太平洋の海水と言ってしまえばそれまでですが、岩井崎沖の海藻が生い茂る場所のもので、
ミネラルたっぷりなので美味しい!そうです。
遠藤伊勢次郎さんが心を込めて作っていた岩井崎沖の塩、これからも皆で作って使い続けていければいいと思った祭り前の作業でした。

後は、台風が来ないのと、暑すぎないで程よい秋風が吹いてくれますように!

 

seiko

ジューンブライドはうれし泣き

 
DSC04898

先日、甥の結婚式がありました。
家を出たときは曇天でしたが、仙台を過ぎたあたりからは、、、
「あ~ぁ。今日は嬉し涙だねぇ」
「そうだね、関わりのある人みんなのね」

都心に近づくにつれ強くなって、着くまでに服が台無しだと毒づきたくなるほどの豪雨。
いつもなら一番いい季節なのに、今年は梅雨入りが早かったからね。

新郎のkouちゃん、生まれた時は超未熟児で、両親だけでなく周りも気をもみながら成長を見守り続けていました。それが今では立派すぎるほどの体躯。今までのこと、まして震災で失った両親を思い起こすとのっけから涙と鼻水、、、歓喜の涙と言えばカッコいいけど。(笑)

DSC04985

可愛い王子様とお姫様からのプレゼント。中身はなんだったのかな?

DSC05073

新郎友人の生演奏。曲目は忘れてしまったけど、心のこもったいい曲だったなぁ。

DSC05057

デザートのクレープシュゼット、煌く炎のイリュージョン。

初めて目にして、目パチクリ、口あんぐり状態。

カーテンの後ろはオープンキッチンでメインコース時は料理の様子が丸見え。料理の鉄人のような雰囲気で四方八方キョロキョロ状態。(笑)

DSC05085

数々のお料理に舌鼓を打ち、ほどよく酔いも回って、、、と、突然!
コックさん、ウェイター、カメラマンらが歌いだすではありませんか。
何と、サプライズオペラ♪♪ラララ、、、、ラララ、、、ラ~ラ(ほんとはイタリア語)椿姫でしょうか。
会場一体となり手拍子!ブラボー!!で応えて楽しかった~!

泣いて笑って和やかで、皆で二人の前途を祝うことが出来ました。

雨が止まなかったのは、天国にいる両親がうれし泣きしてたんだと、誰かさん。

kouちゃん、mikiちゃん末永くお幸せにね。

 

fumihide & seiko & yoko

 

 

 

 

山菜採りへ

DSC04877

「コゴミ」をねらって山に分け入ったら、三月彼岸頃の沿岸低気圧の大雪で、あちこち木々がなぎ倒されて大変なことになっていました。

DSC04874

林道は営林署?市?県?が管理するのでしょうか。通れるようにはなっていますが、山の斜面の方はご覧のようでした。自然の猛威は計り知れない。

DSC04878

「わぁ、春の雪って凄いね~」を連発しながら、コゴミを探して、、、テクテク。
そしたら、「なんだい~、過ぎでるっちゃ!」状態。

またテクテク、、、

場所によっては、丁度のもあって、ま、幾らかは収穫ありましたがね。

しあわせのおすそ分け❤

P3010026

弥生三月の佳き日、姪の結婚式がありました。

参列した人が承認する人前結婚式。

手作り感あふれる式に笑いあり涙ありのひととき。

伯母さんはのっけからハンカチが必要でした。 

  DSC04257

sattoちゃんの双子の姪っこちゃんが花束贈呈。大伯母にもなると達観するからでしょうか、可愛いくて仕方ありません。新郎新婦そっちのけでお姫様たちを追っかけ。

1922456_591907324233755_1653117683_n

新郎のryoくんは、お料理屋さんです。

新たに居酒屋部門を始めたとかで、宣伝兼ねてたのかな?若大将&若女将による出張居酒屋のカクテルサービス。ゆかりのあるワインや秘蔵焼酎に、お手製の甘酒などのメニューがずらり。焼酎のお湯割りを頼んだ人が、

「あっついごど、あっついごど!やっぱり新婚だな!」

ときました。  

P3010067

P3010087

新婦の幼なじみたちは二人の出会いをミュージカルで、新郎友人はAKBに扮してダンスを披露してくれました。ご馳走もお酒も喉通らないくらい可笑しくて可笑しくて。夜中、カラオケボックスで練習やら収録をしてたら、本物の女子高生に間違われて通報されたんだとか。「こんな時間に高校生が騒いでる」って(笑)。きっと仕事で忙しい中、練習したんでしょうね。

「ありがとね、二人をよろしくね」って思ってたら、、、またうれし涙。

新婦のお父さんは、友人たちの心あたたまる(?)勢いのある(?)傍若無人な(笑)祝福に最後列から立ってニコニコしていました。

泣いて、笑って、感激して、、、楽しいひと時をありがとうございました。

末永くお幸せにね!

 

seiko 

長芋のぬか漬け

DSC04120

ぬか漬けは得意とするところでないのです。

いつもかき混ぜるのを忘れてしまって、、、酸っぱくしてしまう。

ずぼらが許されない料理はてんでだめ。

でも、酸っぱくなっても「乳酸菌いっぱいだから!」って強弁しますがね。

それで今回挑戦したのが長芋、通称とろろいもです。

皮をむいて、縦半分に切り分けて漬け込むこと3日、いい塩梅に漬かりました。

見た目は大根ブツ切りみたいな感じですが、カリッ!コリッ!何とも言えない食感に「うん!いける!いける!」と、感嘆符。

これ、クセになりそうだねぇ。

 

写真の奥は「あざら」です。久しぶりに炊きました。

やや酸っぱい白菜漬けをあえて使う郷土料理です。

酸っぱくなった漬け物は、こんどは郷土料理だって強弁しましょうかね(笑)。

 

seiko

まちづくり 一歩前へ!

DSC04115

暦の上では雨水なのに寒い日が続いて、各地の大雪で大変な目に遭った方々も多いようです。お見舞い申し上げます。

ここ気仙沼は雪には多少慣れていますが、ドカ降りにはびっくりでした。おかげで開店休業というより、早めに店じまいして嵐が過ぎ去るのを待ちました。 

先日、魚町・南町の土地区画整理の概要が出されました。正式名は「魚町・南町地区被災市街地復興土地区画整理事業」だとか。早いか遅いか、やっとスタートラインのちょっと前。号砲はまだまだ。(笑)

今までのことを思えば、いよいよ始まるなぁ~って喜んだらいいのでしょうけど、先の見えない不安の方が大きいからでしょうか。何だか実感がわきません。

整備計画によると5つのブロックごとに整備して、完成は来年度から30年度まで順次だとか。

まず、この春頃から災害公営住宅が建つと思われる地域から、、、。

建物の基礎部分をとったり、盛り土でかさ上げしたり、下水道の敷き直しや道路の拡幅などなど工事が目白押しになるのでしょうね。

誰かが「大島に橋かがるより後に(町が)でぎんだいっちゃ!」って。(笑)

 

「よーい、どん!」の合図はもう少しかな。

 

seiko

 

 

あけましておめでとうございます

1495934_466073593497464_586095820_o[1]

あけましておめでとうございます。
遅ればせながら、2014年の初日の出です。

家のあたりは小雨がぱらついていましたが、大島からの燃えるような日の出に皆で「うわぁ~、凄い!」と感激。

無病息災、家内安全、商売繁盛、、、つきなみの願かけをいたしました。(笑)

DSC04061

これは4日の気仙沼魚市場。お日様がでる直前の、初せり前の様子。
サメがずら~り。

DSC04061

これはメカジキでしょうか。だいぶ明るくなってきて市場に人が増えてきました。
左奥のタンクにはカラスの一派が並んでいます。おこぼれを待っているのでしょうね。
カラスやカモメはもちろん進入禁止。テングスが張ってあります。残念〜。

DSC04061

初せりを祝って、関係者で鏡開きをしていました。

DSC04061

これは、生マグロの尾っぽを切って商品見本にしているところです。
尾の下に厚いまな板を敷いて、斧のようなものを振り下ろして、一気にドツン!

いやぁ~見ごたえありますね〜。初めてみましたが、暫し見入ってしまいました。

仲買人さんたちは、切れ目にあらわれた年輪のような筋をみて、脂の乗り具合や状態を確かめるんだそうです。

それにしても貼るカイロを何個かくっつけても、やっぱり魚市場は寒い!です。

威勢のいい初せりも見ようかな?と思っていましたが、もう足先が冷たくて早々に引き揚げました。今度行くときは長靴にカイロ入れて行こうっと。(笑)

魚町新聞社から河原田新聞社になって、ほとんど開店休業状態のブログでしたが、少しずつ少しずつ復活させたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

seiko