祭りだワッショイ

近所のお祭りやイベントにわくわくしちゃう

あけましておめでとうございます

DSC05747

ひつじ年2日目の日の出。
元旦の初日の出は、雲にはばまれて5分ほど今か今かと気をもみました。

気温も氷点下4度、、、ピリッとしていて清々しい。

風もなく、内湾が湖のよう。

市場もまだ始まってないので、行き交う船や車もなく静寂感がなお感じられます。

 

DSC05749

そんな静けさの中、ピーチクパーチクすずめの団体。
「おばちゃん何かくれねぇかなぁ」

なんてね。

 

DSC05751

店米山武の神棚も引っ越しを余儀なくされて、、、四度目のお正月。
年末の日の佳い日に、神棚飾り作業。
あ~だ、こ~だと悪戦苦闘するのが、毎年習わしみたいなもの。
「そうだ、!写真、写真。」

 大晦日には、お神酒、ご飯、牡蠣の清まし汁、なめた煮つけやお刺身、漬物をお供えし、

一年の計、来る年の家内安全、商売繁盛を祈念しました。

今年はいつもと違った大晦日、半年前に結婚したkouちゃん夫妻、奥さんのご両親がのりおさんとゆうやんの墓参りに来てたので、一緒に年越しの晩さんをし、想いで話をしました。

笑いあり、しんみりあり、和気あいあいで一年の締めくくりをしました。

健康第一!で過ごしたいと、つくづく思う年の初め、どうぞ今年もよろしくお願いします。

 

SEIKO

目黒のさんま祭りに向けて

9月14日、目黒区田道公園で目黒のさんま祭りが開催されます。

初回が平成8年。今年で19回目です。紆余曲折、暗中模索でしたが、多くの方の協力で目黒の風物詩と言われるまでになりました。ほんとうに有難いことです。

DSC05305

長蛇の列のさんま焼きが注目されますが、田道小学校での「ホタテ貝アート」体験も隠れた人気スポットです。
先日貝洗い作業に参加して、亀の子タワシでゴシゴシゴシ、、、それでも取れないガンコ付着物はドライバーや専用の包丁?ナタ?でガリガリガリ。

DSC05311

軽く乾かした後、漂白剤入りの水に一昼夜程浸けてさらに美白に。(笑)

当日、思い思いの絵が描かれるのを待っています。

DSC05310

こちらはさんまに振る塩の仕上げ作業中です。
左が荒塩。海水を2トンほど汲み上げて、数日かけて炊きあげた物です。
暑いので大変だったと思います。
その御苦労話を聞きながら、フルイにかけてきめ細かな塩に。

DSC05302

太平洋の海水と言ってしまえばそれまでですが、岩井崎沖の海藻が生い茂る場所のもので、
ミネラルたっぷりなので美味しい!そうです。
遠藤伊勢次郎さんが心を込めて作っていた岩井崎沖の塩、これからも皆で作って使い続けていければいいと思った祭り前の作業でした。

後は、台風が来ないのと、暑すぎないで程よい秋風が吹いてくれますように!

 

seiko

ジューンブライドはうれし泣き

 
DSC04898

先日、甥の結婚式がありました。
家を出たときは曇天でしたが、仙台を過ぎたあたりからは、、、
「あ~ぁ。今日は嬉し涙だねぇ」
「そうだね、関わりのある人みんなのね」

都心に近づくにつれ強くなって、着くまでに服が台無しだと毒づきたくなるほどの豪雨。
いつもなら一番いい季節なのに、今年は梅雨入りが早かったからね。

新郎のkouちゃん、生まれた時は超未熟児で、両親だけでなく周りも気をもみながら成長を見守り続けていました。それが今では立派すぎるほどの体躯。今までのこと、まして震災で失った両親を思い起こすとのっけから涙と鼻水、、、歓喜の涙と言えばカッコいいけど。(笑)

DSC04985

可愛い王子様とお姫様からのプレゼント。中身はなんだったのかな?

DSC05073

新郎友人の生演奏。曲目は忘れてしまったけど、心のこもったいい曲だったなぁ。

DSC05057

デザートのクレープシュゼット、煌く炎のイリュージョン。

初めて目にして、目パチクリ、口あんぐり状態。

カーテンの後ろはオープンキッチンでメインコース時は料理の様子が丸見え。料理の鉄人のような雰囲気で四方八方キョロキョロ状態。(笑)

DSC05085

数々のお料理に舌鼓を打ち、ほどよく酔いも回って、、、と、突然!
コックさん、ウェイター、カメラマンらが歌いだすではありませんか。
何と、サプライズオペラ♪♪ラララ、、、、ラララ、、、ラ~ラ(ほんとはイタリア語)椿姫でしょうか。
会場一体となり手拍子!ブラボー!!で応えて楽しかった~!

泣いて笑って和やかで、皆で二人の前途を祝うことが出来ました。

雨が止まなかったのは、天国にいる両親がうれし泣きしてたんだと、誰かさん。

kouちゃん、mikiちゃん末永くお幸せにね。

 

fumihide & seiko & yoko

 

 

 

 

しあわせのおすそ分け❤

P3010026

弥生三月の佳き日、姪の結婚式がありました。

参列した人が承認する人前結婚式。

手作り感あふれる式に笑いあり涙ありのひととき。

伯母さんはのっけからハンカチが必要でした。 

  DSC04257

sattoちゃんの双子の姪っこちゃんが花束贈呈。大伯母にもなると達観するからでしょうか、可愛いくて仕方ありません。新郎新婦そっちのけでお姫様たちを追っかけ。

1922456_591907324233755_1653117683_n

新郎のryoくんは、お料理屋さんです。

新たに居酒屋部門を始めたとかで、宣伝兼ねてたのかな?若大将&若女将による出張居酒屋のカクテルサービス。ゆかりのあるワインや秘蔵焼酎に、お手製の甘酒などのメニューがずらり。焼酎のお湯割りを頼んだ人が、

「あっついごど、あっついごど!やっぱり新婚だな!」

ときました。  

P3010067

P3010087

新婦の幼なじみたちは二人の出会いをミュージカルで、新郎友人はAKBに扮してダンスを披露してくれました。ご馳走もお酒も喉通らないくらい可笑しくて可笑しくて。夜中、カラオケボックスで練習やら収録をしてたら、本物の女子高生に間違われて通報されたんだとか。「こんな時間に高校生が騒いでる」って(笑)。きっと仕事で忙しい中、練習したんでしょうね。

「ありがとね、二人をよろしくね」って思ってたら、、、またうれし涙。

新婦のお父さんは、友人たちの心あたたまる(?)勢いのある(?)傍若無人な(笑)祝福に最後列から立ってニコニコしていました。

泣いて、笑って、感激して、、、楽しいひと時をありがとうございました。

末永くお幸せにね!

 

seiko 

さんま船出船送り

20130817 002

20日に解禁される大型船さんま漁。

17日、北海道の漁場へ一斉に出港しました。

「出船送り」では太鼓や大漁唄いこみで賑やかに見送って、

なんといっても今年はすごい人出でした。2000人はくだらないでしょうね。

JTBのツアーやボランティアの皆さんも加わって、ものすごい人数です。

20130817 001

10艘も並ぶと圧巻ですね。TV局各社勢ぞろい?(笑)

周辺は別としても、魚市場の岸壁は完全復旧したように感じました。

20130817 015

八幡太鼓のみなさん、汗だくで叩いています。

20130817 026

多くの皆さんが、懇親の力を込めて手を振っています。

「行ってらっしゃ~~い。」

「頑張ってきてね~」

 

「いっぺ~ 獲ってくっからなぁ~」と船からの声。

もう、こうなると涙腺緩みっぱなしで、、、、汗と涙でぐちゃぐちゃ。

20130817 027

一艘一艘、視界から消えるまで手を振り続けました。

20130817 038

出船入船、タイミングよく今度はマグロ船が入ってきました。

お互いすれ違う時、無線で何て言うんだろうか?って考えてたら、、、あまりの暑さで思考回路シャットダウン!

心地よい汗と涙の出船送りでした。

 

seiko

しあわせのおすそ分け❤

DSC02083

 きのう、横浜で甥の結婚披露宴がありました。

 41階のチャペルからは関東平野が見渡せるほどの快晴。まるで二人を祝福しているかのようです。

 スポットライトを浴びて入ってきた甥を見るなり、う、う、う、、、。

 「え?もう?おばちゃん早いって!」

 うしろにいた姪に突っ込まれました。

 涙もろい方ではないはずなのに、ここ2年を思うと感極まれりです。彼は東日本大震災で両親を失っていたから、様々な想いがめぐって堪えることが出来ませんでした。

DSC02212

 いとこはとこ、こんなときでなければ集まれませんので、お色直しの時間帯はあちこちで遊んでいました。

DSC02221

 二人ともとってもいい笑顔で登場です。

 彼の兄も手が痛くなるほど拍手!!していたかな?

DSC02250

 美味しいお料理の数々とお酒と、デザートは「ホワイトチョコムースとグリオット ココナッツのシャーベット添え」。色といい形といい味といい申し分ありません。あんなに食べたのにやっぱりデザートは別腹ですね(笑)。

 新郎謝辞はもう堪えきれなくてテーブルに突っ伏して号泣。亡き両親への感謝のことばで詰まる新郎に、友人から「がんばれー!」の声があがってますます号泣。よき伴侶と仲間に恵まれて、Shinちゃんは幸せな人生を歩むと思った瞬間でした。

 ShinちゃんMioちゃん、ご結婚おめでとう!

 

seiko

気仙沼さんま寄席♪

_3260758

うぇるかむ 遠くから来る人たち!

「気仙沼さんま寄席」が昨日開かれ、スタッフとして参加しました。

落語に端を発した「目黒のさんま祭り」も回を重ねること16回。もちろん今年も9月に開かれます。そのさんま代金をと「ほぼ日」さんが一肌ぬいでくださいました。

日帰りあり、宿泊ありとチケット付きのコースで、名前も「カレイ」「ヒラメ」「カツオ」「タラ」「サメ」とユニーク。平泉観光付きのコースや、被災地をぐる~っと回るコースもあり、全国から気仙沼へお越しになりました。

全国からいらしたみなさん、思い出に残る旅になったでしょうか。

立川志の輔師匠のこの日ならではの落語会。談修さんの「目黒のさんま」、糸井重里さんと志の輔さんのこたつ談義もあり、盛りだくさんでした。

時折みぞれが降ったり、晴れ間がさしたり、春は名のみの、、、日でしたが、声をからしながら「いっらっしゃいませ~!」のチケットもぎり。

迫真の落語に泣き笑い、打ち上げで泣き笑い、お客さんやスタッフの清々しい気持ちに囲まれて、元気をいただきました。

みなさん、また来てね〜!

seiko  yoko

 

 

ごすもづ拾い

20111101 006

漢字では御神餅と書くんだそうです。この辺では「ごすもづ」。

上棟式や進水式で施主が餅をまいて振る舞うのですが、最近はめっきり減っていました。

昨日のお昼前、ご縁ある方が事務所を開くので、餅まきするから来ませんか?と急遽連絡がありました。ごすもづ拾いは久しぶりです。

隣にいた知人のポケットは、はちきれんばかり。

「久しぶりに本気出した~」とニコニコ笑っていました。

20111101 010

終わったあとは、お赤飯やお煮しめ、カツオのお刺身などなど。

やっち家お手製だったようで、お昼ごはん食べないで行けば良かったなぁ。

20111101 001

社長自ら書いたホワイトボード!

開設おめでとうございます~。

 

seiko

いも掘り遠足~

20111017 001

大崎市でさつまいも掘り。

夜来の雨で土壌の状態がイマイチなので、少し乾くのを待ちました。老若男女、ワイワイがやがや蔓を引っ張って、出てきたお芋さんに一喜一憂です。

20111017 005

サツマイモが終わって、休む間もなく摘んだのがこれ。

20111017 010

「熟してない緑のはダメですよ~!ジャムにすると苦いですからね~」

と農園の奥さん。

ハックルベリーというナス科の植物。

20111017 012

芋煮を楽しんだ後は、賞品つきの「りんご皮剥き大会」

無口になって真剣な様子を想像してみてください。

結果!経験と歳が物言って、、、一等賞!!!(喜)

 

seiko

弘前ねぷた♪

_A080501

土曜の昼下がり、今では旧市街のメインストリートとなった坂道を賑やかな面々が上がってきました。

4トントラックに引っ張られる「弘前ねぷた」です。

わざわざ青森から来て下さったのですね。

_A080505

後ろには「復興応援」の文字。

押し係のお兄さんに聞くと、仮設住宅広場で演じると。

_A080506 

帰りはねぷたの後ろとトラックが結ばれて、ブレーキ踏み踏み下っていました。

この後は「お魚いちば」、夕方にはイオンの駐車場で演じるそうです。

多くの人たちに元気を与えて下さいね~。

 

seiko