旬ですね

毎年めぐる旬を追いかけて。

内湾風景

DSC06092

しばらくぶりの投稿です。
暑さ寒さも彼岸まで、、、そして、桜もあっという間に葉桜になってしまいました。
そこそこ元気です。

震災からの復興も、、、区画整理は地権者の同意があってですから、、、なかなか。
皆それぞれ思い入れがあるので、まとめるのは難儀な作業だろうなぁ。

やっと、四月の声と共に、、、ぼつぼつ。
残っていたビルで住んでいた人たちの引っ越しも始まり、解体や基礎撤去があちこちで。

上の写真がどこか?だいぶ様変わりしたので、解らないでしょうか。

 元七十七銀行があった所から、南町~柏崎方面。

解体中のビル北側周辺に集合ビルが出来て、1-2階を店舗、3-5階が災害公営住宅の予定です。

 P4250191

解体中のビル。屋上から水を掛けながら、、、ベリベリベリ、、、。
周辺に何にもないので、思いっきり壊せる?のでしょうか。

なんだか、あっという間に無くなってしまうという感じ。

DSC06086

旧気仙沼女子高の解体も着々と。
ここにも災害公営住宅が建つそうです。

ときどき歩いて、進み具合を見ていこうと思いました。
店米山武は今のところ進展なし。
角星さんの店舗は復興住宅工事に支障が出てきたので、全部解体しました。
一時保管して、来るべき時が来たら補修建築されるとのこと。
たぶん、うちもそんな感じで解体されるかもしれません。
合地、仮換地、解体保存、かさ上げ、、、
土木用語だらけです(笑)が
気長に暮らしていきま~す。

 

seiko

あけましておめでとうございます

DSC05747

ひつじ年2日目の日の出。
元旦の初日の出は、雲にはばまれて5分ほど今か今かと気をもみました。

気温も氷点下4度、、、ピリッとしていて清々しい。

風もなく、内湾が湖のよう。

市場もまだ始まってないので、行き交う船や車もなく静寂感がなお感じられます。

 

DSC05749

そんな静けさの中、ピーチクパーチクすずめの団体。
「おばちゃん何かくれねぇかなぁ」

なんてね。

 

DSC05751

店米山武の神棚も引っ越しを余儀なくされて、、、四度目のお正月。
年末の日の佳い日に、神棚飾り作業。
あ~だ、こ~だと悪戦苦闘するのが、毎年習わしみたいなもの。
「そうだ、!写真、写真。」

 大晦日には、お神酒、ご飯、牡蠣の清まし汁、なめた煮つけやお刺身、漬物をお供えし、

一年の計、来る年の家内安全、商売繁盛を祈念しました。

今年はいつもと違った大晦日、半年前に結婚したkouちゃん夫妻、奥さんのご両親がのりおさんとゆうやんの墓参りに来てたので、一緒に年越しの晩さんをし、想いで話をしました。

笑いあり、しんみりあり、和気あいあいで一年の締めくくりをしました。

健康第一!で過ごしたいと、つくづく思う年の初め、どうぞ今年もよろしくお願いします。

 

SEIKO

山菜採りへ

DSC04877

「コゴミ」をねらって山に分け入ったら、三月彼岸頃の沿岸低気圧の大雪で、あちこち木々がなぎ倒されて大変なことになっていました。

DSC04874

林道は営林署?市?県?が管理するのでしょうか。通れるようにはなっていますが、山の斜面の方はご覧のようでした。自然の猛威は計り知れない。

DSC04878

「わぁ、春の雪って凄いね~」を連発しながら、コゴミを探して、、、テクテク。
そしたら、「なんだい~、過ぎでるっちゃ!」状態。

またテクテク、、、

場所によっては、丁度のもあって、ま、幾らかは収穫ありましたがね。

アジサイ山、今年で見納め?


20130715 013

熱中症のニュースがあふれる中、まだ梅雨が明けない気仙沼です。

30度の翌日は23度だったり、夜中に猛烈な雨がふったり。梅雨が明けてほしいような、そうでないような、気持ちもなんだか行ったり来たりです。

というのも、煎餅坂バス停そばの斜面のアジサイが、今年もいい具合咲きそろってきたから。半世紀放置していた杉をアジサイに植えかえて、かれこれ10年ぐらいになります。年がたつにつれ株が増えて、我が家ではアジサイ山と呼んでいます。

20130715 018

土壌がアルカリ性?酸性?によって、色が変わるとよく言われますが、同じ山なのに一本だけ青色。

 20130715 021

ほとんどはピンクです。

20130715 023

白色も綺麗ですね~。

ところでタイトルに書いた見納め、どうしてか?って、、、。

道路拡幅でアジサイ山もだいぶ削られるみたいなのです。

新しいまちづくりのためには良いことなのに悲しい!って、このことなんですね。

梅雨は明けてほしいのですが、まだアジサイも楽しみたいし、、、。

花ことばよろしく「移り気」を楽しんで、暑い夏に備えようっと!

アジサイさーん、ありがとう〜。

seiko

寒中お見舞い申し上げます。

_1250043

だいぶご無沙汰してしまいました。

当地は冬、冬、冬〜!真っ盛りの日々です。真冬日が続いたり、最低気温がマイナス9.2℃という日もあったりと「もぉ冬眠してたい!」状態(笑)。ひどくはなりませんでしたが、ひと通り風邪をひきました。

先週降った大雪もすっかり融けてしまいました。気仙沼湾も気嵐の後のような雲が漂っています。太陽も日ごと緯度を上げてきて清々しい朝陽です。

_1250044

こよみの上では、あとひと月ほどで雨水。そんな言葉を思い出させるモミジの枝の滴。

_1250045

朝一番のお客さまは、電線で列をなしていました。

この後、シメやシジュウカラ、ヤマガラを狙ったけれど徒労に終わっちゃた~。

 

seiko

 

 

今日の桜

_4190763

図書館から市民会館前のソメイヨシノが気になって仕方がありません。

例年にない寒さのせいで、全国どこもいつもより遅い!ので「まぁ、しょうがないねぇ。」

そんな会話の今日この頃。

遠目に見ても、まだまだピンクっぽさが全然感じられません。

カメラを片手に歩いてみたら、、、ほんのちょっとだけ膨らみかけたピンクを見つけました。

あと一週間くらいでしょうか?

 

_4190766

レンギョウとあんずの花?が、河原田みんなの森の先頭を切って咲いています。

ソメイヨシノ、しだれ桜、八重桜、、、桜の競演はもうすぐ。楽しみですね!

 

seiko

 

お彼岸の中日

20110923 004 

お墓への道すがら、彼岸花(別名曼珠沙華)が咲いていました。

いっぱい咲く年もありますが、今年はどういうわけか花数が少ないのです。日照りのせい?それとも台風のせいでしょうか。彼岸花とはうって変わって、人は混み合っているように感じました。

「うちは南無阿弥陀仏だけど、ゆーやんのとこは南無妙法蓮華経だったよね」

「そうだなぁ。天台宗と日蓮宗の違いだな~」

山道を歩きながら、他愛ないことをおしゃべりしたり、犠牲になった方々を思い出したり。

20110923 006 

こちらは栗おこわとなす炒り。

インゲンの胡麻和え、お葛あん。精進料理を仏前に供えて、ご先祖様や震災での犠牲者に想いを馳せました。

暑さ寒さも彼岸まで、、、体に気をつけてちょこっとづつ頑張ろう。

 

seiko

ライトアップ気仙沼!

R0010943

なーんてタイトルつけたけど、これは漁船がサンマ船に衣がえするときの、サーチライトの点灯試験。

今晩、丘の向こうから光が漏れてきて、サンマ船の艤装が始まったのを知る。サンマ漁は光に集まる習性を使う。写真の10km先まで照らせるサーチライトで魚群を見つけたあとは、右舷左舷のライトを片方ずつ点けておびきよせていく。最盛期には港のあちこちで光柱がぐるんぐるん回る。

もう、サンマ漁の季節。例年通りとはいかないだろうけど、水揚げされればいいな。

KENJI

ワシントンの桜並木

R0012712

ホワイトハウスの約1km南にタイダルベースンと呼ばれる人工入り江があります。ポトマック川の水をひき、池になっているのですが、その周囲には日本から贈られたソメイヨシノが植えられています。

満開時はこんな感じになるらしい。

ワシントン 桜 画像検索

これは、さかのぼること1912年、タフト大統領夫人の希望により東京市の尾崎市長が贈ったのがきっかけ。以後、高峰譲吉博士や小松製作所の社長などが設立した「日本花の会」が植え替えをすすめて来年で100周年を迎えます。約3500本のうち、約100本は100年前の桜だそうです。

R0012712

これなんかそうですかね。かなり剪定されてますし。でも幹の太さからみてせいぜい50年位ですかね。後ろの白い塔がワシントンモニュメントです。

R0012712

この時期、ジョギングで周回している人がちょろっといる位で、氷が張った水面には耐え忍んでいるかの如くカモメがつっ立っていました。空腹をまぎらわすためなのか、枯れ木を持ち上げては落とし、を繰り返していたカモメ。遊んでいただけかもしれません。

R0012712

開花は東北南部とほぼ同じ、3月下旬から4月初旬。

小さなつぼみがあらわれていました。

KENJI

けずり花

20110110 027 

 まずは、アップで。

 コシアブラの木を削って作るそうです。

 新芽はたらの芽などと並んで「春の新芽3兄弟」とよばれる、あのコシアブラです。天ぷらで食べたら最高。それが使われているとはビックリです。

20110110 026 

 裏側から見ると、サンバカーニバルの飾り羽根みたい。(笑)

20110110 017 

 今年初の日曜朝市で並んでいました。

 小正月に神棚や仏壇等に飾るのだそうです。花の少ないこの時季、木を削って色をつけて花に見立てた先人の知恵でしょうね。我が家ではやったことが無いので、店に置いて見ました。

「なんと~、今でも作ってる人いるんだねぇ!」

「懐かしいごど!」

そんな会話が弾んでいます。

 

seiko