つれづれ日記

他愛もないけどいとおしい日常をつれづれなるままに。

目黒のさんま祭りに向けて

9月14日、目黒区田道公園で目黒のさんま祭りが開催されます。

初回が平成8年。今年で19回目です。紆余曲折、暗中模索でしたが、多くの方の協力で目黒の風物詩と言われるまでになりました。ほんとうに有難いことです。

DSC05305

長蛇の列のさんま焼きが注目されますが、田道小学校での「ホタテ貝アート」体験も隠れた人気スポットです。
先日貝洗い作業に参加して、亀の子タワシでゴシゴシゴシ、、、それでも取れないガンコ付着物はドライバーや専用の包丁?ナタ?でガリガリガリ。

DSC05311

軽く乾かした後、漂白剤入りの水に一昼夜程浸けてさらに美白に。(笑)

当日、思い思いの絵が描かれるのを待っています。

DSC05310

こちらはさんまに振る塩の仕上げ作業中です。
左が荒塩。海水を2トンほど汲み上げて、数日かけて炊きあげた物です。
暑いので大変だったと思います。
その御苦労話を聞きながら、フルイにかけてきめ細かな塩に。

DSC05302

太平洋の海水と言ってしまえばそれまでですが、岩井崎沖の海藻が生い茂る場所のもので、
ミネラルたっぷりなので美味しい!そうです。
遠藤伊勢次郎さんが心を込めて作っていた岩井崎沖の塩、これからも皆で作って使い続けていければいいと思った祭り前の作業でした。

後は、台風が来ないのと、暑すぎないで程よい秋風が吹いてくれますように!

 

seiko

1000日画報

DSC03969

「東西街道広域連携協議会並びにNPO等による文化財建造物管理活用事業文化庁現地視察」という、漢文みたいな(笑)視察があり、旧店舗前で説明中。

小春日和で街歩きにはちょうど良かったかも。

街といっても内湾は何にもナイわん!

 

DSC03969

うしろに回って、バームクーヘンを薄く切ったみたいな(笑)三角の敷地をご紹介。パンフレットを見ながらと思わず納得でしょうか。

 DSC03969

茶の間はこのありさま。1000日前のまんまです。

保存はかなり前に決まりましたが、どうするかは地域の計画次第なので、荷物だけ片付けてあとはそのまんま。泥だらけの室内に

「う~、こんなんだったんだ~!」

と思わずつぶやいてしまいました。

DSC03969

2階もご案内しましたが、人の手が入らないといたみますね。窓と壁の間から雨水が浸みています。

それに2階の窓もないので、覆いをしているとはいえチリ埃が容赦なく入っていますからね。

「武山米店をキレイにするボランティア」を立ち上げましょうかね。

って呟いてくれた北大の先生。

学生さんたちと一緒に掃除をする、、、

いつかそんな日が来るのを夢見て。

 

seiko & yoko

さんま船出船送り

20130817 002

20日に解禁される大型船さんま漁。

17日、北海道の漁場へ一斉に出港しました。

「出船送り」では太鼓や大漁唄いこみで賑やかに見送って、

なんといっても今年はすごい人出でした。2000人はくだらないでしょうね。

JTBのツアーやボランティアの皆さんも加わって、ものすごい人数です。

20130817 001

10艘も並ぶと圧巻ですね。TV局各社勢ぞろい?(笑)

周辺は別としても、魚市場の岸壁は完全復旧したように感じました。

20130817 015

八幡太鼓のみなさん、汗だくで叩いています。

20130817 026

多くの皆さんが、懇親の力を込めて手を振っています。

「行ってらっしゃ~~い。」

「頑張ってきてね~」

 

「いっぺ~ 獲ってくっからなぁ~」と船からの声。

もう、こうなると涙腺緩みっぱなしで、、、、汗と涙でぐちゃぐちゃ。

20130817 027

一艘一艘、視界から消えるまで手を振り続けました。

20130817 038

出船入船、タイミングよく今度はマグロ船が入ってきました。

お互いすれ違う時、無線で何て言うんだろうか?って考えてたら、、、あまりの暑さで思考回路シャットダウン!

心地よい汗と涙の出船送りでした。

 

seiko

アジサイ山、今年で見納め?


20130715 013

熱中症のニュースがあふれる中、まだ梅雨が明けない気仙沼です。

30度の翌日は23度だったり、夜中に猛烈な雨がふったり。梅雨が明けてほしいような、そうでないような、気持ちもなんだか行ったり来たりです。

というのも、煎餅坂バス停そばの斜面のアジサイが、今年もいい具合咲きそろってきたから。半世紀放置していた杉をアジサイに植えかえて、かれこれ10年ぐらいになります。年がたつにつれ株が増えて、我が家ではアジサイ山と呼んでいます。

20130715 018

土壌がアルカリ性?酸性?によって、色が変わるとよく言われますが、同じ山なのに一本だけ青色。

 20130715 021

ほとんどはピンクです。

20130715 023

白色も綺麗ですね~。

ところでタイトルに書いた見納め、どうしてか?って、、、。

道路拡幅でアジサイ山もだいぶ削られるみたいなのです。

新しいまちづくりのためには良いことなのに悲しい!って、このことなんですね。

梅雨は明けてほしいのですが、まだアジサイも楽しみたいし、、、。

花ことばよろしく「移り気」を楽しんで、暑い夏に備えようっと!

アジサイさーん、ありがとう〜。

seiko

温泉掘削?

_6060267

いよいよ我が家でも温泉掘削です。自宅庭の端っこでボーリングしています。

ってワケないですね。

 

_6060275

なんて、この掘削は道路拡幅の地質調査で、魚市場から南町へつながる市道を広げるんだそうです。ここは昭和の初期に堀割にして道路を敷いたそうで、昔は向かい側の柏崎山とつながっていたんだとか。

車が横付けできない場所なので、機材は手運びでかなり大変だろうなって、他人事ながら心配中。

_6060279

図書館からの小径から作業現場を撮って、奥には梅の木。

今年はちゃんと実がなっているか?

そっちの方が気になります。(笑)

 

seiko

昭和の気仙沼風情

DSC02460

暫しの間ご無沙汰していましたが、いたって元気に過ごしています。

桜も終わり新緑がまばゆいばかりになりました。

けれどやっと20度くらいになったと思ったら、ここ数日一気に10度ほどに急降下。ヤマセでしょうか。

「何だいね!いづまで寒いんだべ」が挨拶のまくら言葉。(笑)

今日は隔月で出版される街の情報誌「浜らいん」の一ページを紹介したいと思います。

DSC02462

5月号に掲載された写真は昭和28年の魚町通りです。

高度成長へと進む町の目ぬき通りとありますが、、、、懐かしすぎる今は無き街並み。

昭和13年生まれの御仁が高校生の時撮ったものだそうです。

店米山武の前のトラックによじ登ろうとしてるのは、イノシシ団長?かどうかと。

もちろん本人は記憶にないそうです。(笑)

左側の台は信号機がない交差点で、警察官が乗って手旗信号したのですね。

永沢さんの洋館風建物も健在ですね。

DSC02463

3月号には、昭和の初期の頃現在の森田医院付近から三日町八日町の様子。

大正4年古町からの大火で三日町、八日町、南町、魚町が被災したのですが、十余年での再建し賑わいを取り戻した当時の写真ですね。

現在も残っている建物があるようです。

DSC02464

新年号に載った昭和初期の五十鈴神社。

左下には、ほぼ同じ方角から見た現在の景色が掲載されていて、ほんとうに興味深いですね。

大震災で湾を取り巻く環境は大きく変わってしまい、更にこれからの計画で大きく様変わりするでしょう。

「五十鈴神社」というよりは、神明崎にあるから通称「お神明さん(おしんめさん)」

これからもず~っと町を見守っててほしいな。

 

seiko

消防救急艇「あさぎり」竣工

DSC02366

 311で全損した消防救急艇「あさぎり」の二代目がやってきました。ここ2年ほど大島の救急患者さんは保安庁や民間船で搬送していたので、消防の人たちは待ちに待ったという感じです。スクリューだとがれきを巻き込む恐れがあるので、いざという時も動かせるように今度のはウォータージェット式なんだそうです。

DSC02362

 遠洋はえ縄船がつくられつつある造船所の一角で、関係者揃ってのテープカットで進水〜!

DSC02370

 多くの関係者に見守られて出発しました。

 ほんとは使われないのが一番ですが、救急艇が多くの命を救いますように。

 なんて、かく言うわたしが進水式に招かれたわけでなく(笑)、イノシシ団長が撮ってきたのを拝借しました。

fumihide & seiko

明日に向かって出発進行!その3

_3040163

 今は昔、魚町一丁目商店街の一角。

 道も広くなるようだし、イザという時の高台への避難道として山道も拡幅とか。

 真正面が店米山武で、横断幕が設置されました。

_3040165

 この場所が何処か分かった人は、かなりの気仙沼通かな(笑)

 答えは南町交番。こんなんなっています~。

_3040166

 将来はこの辺に陸橋での避難道が整備され、柏崎高台へと続くらしい。

_3040168

 紫神社横の高台、浜見山から内湾方面。

 「堤防なぐなって、おしんめさん丸見えだでば、、、」と住民の方。

 一瞬???って思ったけど、そっかぁ、駐車場の建物がその役目を担ってたという考えね。

 「また、いい街になるように頑張んねばね」が合言葉でした。 

_3040172

 残っているビルが無ければどこか分かりません。こちらは幸町、仲町、内の脇方面。

 左方向には弁天町、潮見町、川口町、朝日町、魚市場前がありましたがほとんど更地に。迷子になりそうで行くことは無くなりました。

 3回に分けて書き綴りましたが、これが現実です。

 ちょこっとづつ、ちょこっとづつ前に~進め~。

 

seiko

明日に向かって出発進行!

_3040142

 タイトルを考えていたら、むか~し「明日に向かって撃て」という映画があったなぁ。ストーリーは???状態だけど、音楽は何とか口ずさむことが出来た。文字では伝わりませんが(笑)。

 話をもどして思い立った日の午後、高台から懐かしい街を撮りに出かけました。

 シャッターを押すたび「はぁ〜」「ふぅ〜」言葉にならない独り言をブツブツ、、、。

_3040143

 角度を少し移すと、そうここは大島への船着き場。

 一週間にひとつほどのペースでしょうか。建物がつぎつぎとなくなって、しっかり記憶をたどらないとここは何処?って思います。

_3040146

 それでも安波山はいつもと変わらず、黙って鎮座しています。

_3040151

 さっき船着き場にいたフェリーが大島へ向かいはじめました。奥の船は出船待ちのマグロ船でしょうか。

 木々が桜色に染まるのは、たぶん1か月半後くらい。

 内湾が完全に整地されるまでもうすぐ。そこからまた再スタートです。これらの景色を心おきなく見られるまで、頑張って出発進行!!!

 

seiko

しあわせのおすそ分け❤

DSC02083

 きのう、横浜で甥の結婚披露宴がありました。

 41階のチャペルからは関東平野が見渡せるほどの快晴。まるで二人を祝福しているかのようです。

 スポットライトを浴びて入ってきた甥を見るなり、う、う、う、、、。

 「え?もう?おばちゃん早いって!」

 うしろにいた姪に突っ込まれました。

 涙もろい方ではないはずなのに、ここ2年を思うと感極まれりです。彼は東日本大震災で両親を失っていたから、様々な想いがめぐって堪えることが出来ませんでした。

DSC02212

 いとこはとこ、こんなときでなければ集まれませんので、お色直しの時間帯はあちこちで遊んでいました。

DSC02221

 二人ともとってもいい笑顔で登場です。

 彼の兄も手が痛くなるほど拍手!!していたかな?

DSC02250

 美味しいお料理の数々とお酒と、デザートは「ホワイトチョコムースとグリオット ココナッツのシャーベット添え」。色といい形といい味といい申し分ありません。あんなに食べたのにやっぱりデザートは別腹ですね(笑)。

 新郎謝辞はもう堪えきれなくてテーブルに突っ伏して号泣。亡き両親への感謝のことばで詰まる新郎に、友人から「がんばれー!」の声があがってますます号泣。よき伴侶と仲間に恵まれて、Shinちゃんは幸せな人生を歩むと思った瞬間でした。

 ShinちゃんMioちゃん、ご結婚おめでとう!

 

seiko