店米山武の行く末は?建物調査~解体~復元へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DSC06236

いよいよって感じでしょうか。

店米山武の保存に向けた調査がありました。

建築、不動産鑑定、区画整理事業、、、様々な事業に関わる方々が綿密に調べていました。

土地区画整理が本格的に始まり、基礎撤去やら解体工事が増えてきました。順序は分かりませんが、街区ごとにかさ上げされ、道路の拡張工事や更に基盤整備へと段々進んでいくのでしょうね。

DSC06241

四畳半程度の地下も調査。

米が配給制だった戦時中には瀬戸物を販売していたらしく、売れ残りがだいぶ入っていました。

泥水ヘドロ残がいでしっちゃかめっちゃかだったので、震災後すぐに水を汲み出してある程度は片付けていましたが。。。

DSC06258

石蔵の中の状態も詳しく調査。

蔵の2階にある残留物の仕分け作業を、と言われ、あぁ~難題発生!

ま、ぼちぼちやりましょうかねぇ。

詳しいことはまだ分かりませんが、解体して保存、換地された場所に復元するような話です。

仮換地もまだだし、ほんとに、なが~~~い道程のりですねぇ。

 

seiko

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*