家庭用本格ピザ窯開発 五所川原の津軽金山焼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 窯業の津軽金山焼(青森県五所川原市)は、家庭用ピザ窯「お父さん、出番です!」を開発し、受注販売している。れんがを自分で組み上げ、窯でまきを燃やす本格仕様。価格は10万円で既存の商品より低く抑えたという。同社は「食べるだけでなく、家族でれんがを組み立てる作業も楽しいはず」とPRする。連絡先は津軽金山焼0173(29)3350。

via www.kahoku.co.jp(河北新報 2010/1/16)

 家庭用ピザ用窯が発売されたもよう。う〜、どうしよう。てかベランダに置けないし。店米山武のみなさん、ひとついかがですか?

KENJI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. より:

    大賛成。ひとつ求めてください。おいしいかりかりと焼き上がったピザは最高です。浜見山にまたまた人が集まります。宝くじの収益、運の強い”億の間のみなさん”で、不足であれば貧者の一投、灯りならず、えいやっと会費制でいかがでしょう? 賢夫人の負担が増すだけ、と団長が苦笑いされる、その笑顔、想像は固くありません。

  2. KENJI より:

    >あさん
    でしょう!さすがピザ窯の味を知るあさん反応が早かった!ほんとうまいですし、ピザ窯つくるの夢なんです。組み立て式のこれならみなとまつりで出店できるかもなんて皮算用も(笑)。

  3. yoko seiko より:

    頑張って作ろうか~なぁ。
    何回も組み立てたり壊したり出来るの?
    屋根つきの東屋?建てるようでないの?
    疑問が次々湧いてくるよ~(笑)
    K絵ちゃんが「良いと思う。是非やって、やって~。」って。

  4. KENJI より:

    >yokoさんseikoさん
    窯元へ問い合わせたところ、全重量で500キロ、ネジ10本で組み立て可能だそうです。下の台座は大人二人で移動できるほどの重さ。浜見山へ運ぶ作業が大変そうです。たぶん20往復くらいしないと。

  5. 883 より:

    DIYで簡易ピザ窯作ってみました。

コメントを残す

*