店米山武・基礎撤去中

dsc_2796

いよいよ米屋の基礎撤去が始まりました。

数週間前からお隣の加藤さん家(通称加新亭、松月堂)が始まり、坂本商会さんも終わっていました。

dsc_2798

地下室部分の撤去中、こんなふうに記録しながらやっていました。

dsc_2805

今にも雪が降ってきそうな空です。日一日一日寒くなってきて、工事の関係者の方々ご苦労様です。

dsc_2812

何にもなくなって、大きな公園みたいになりました。

来週あたりには、駐車場の境界部分のアスファルト舗装を切る作業をし、新年明けにその基礎撤去もはじまるようです。

奥に見える現場は気仙沼信用金庫本店の新築工事です。来年3月下旬の開店に向け急ピッチで作業でしょうか。

着々と進みゆく内湾魚町地区です。

 

yoko&seiko

米屋の解体ほぼ終了。

dsc_1104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梁の運び出しが始まりました。

dsc_1189

通し柱(通称とおしばっしゃ?)から梁を外す作業中。

木槌とバールで満身創痍。
見ていて、一緒に号令掛けたくなります。(笑)

dsc_1236

 

クレーン車で吊り下げ中。

dsc_1268

ほとんどの骨組み材料が運び出され、寂しくなりました。

さぁ、覆いが外され足場が撤去されて、蔵がポツンとなるのですが、何だか想像できません。

ご近所も含めて約4~5か月かけて基礎撤去作業です。

今後のことを含めて喧々ごうごう、あー史郎さんとこー士郎さん、そー四郎さんとこうしたい子さんが

入り混じって頭の中がぐちゃぐちゃです。

 

yoko&seiko

米屋の解体〜そろそろ佳境?

dsc_0349

10月7日から重機による運び出しが始まりました。

dsc_0381

この三角は屋根部でしょうね。

dsc_0458

横柱に若草色のテープで巻きつけて重機に繋げています。
木槌でそっちとこっちから「こ~ん」「こぉ~~んっ」

すがすがしい青空に、とってもいい音が響きます。

dsc_0506

慎重に慎重を重ねて、、、見ているだけで冷や汗が出てきそうです。

凄い仕事だとつくづく思う。

dsc_0666

そして1階の天井剥がしが始まりました。

1枚1枚に番号が付けられ、慎重な作業が続けられています。

そして、今週末15日にまた重機での作業とのこと。
どうぞ、雨が降りませんように。

 

yoko&seiko

米屋の解体進み具合

dsc_0088

大工さんが作業しながら板に書き付けています。

dsc_0109

屋根が始まりました。雨降りませんように。

dsc_0077

大分スカスカになっています。

dsc_0110

青空天井です。

dsc_0123

どこのどの場所の何か?一本一本丁寧な仕事に感心ばかり。

dsc_0027

場所ごとに、詳細に記録するのでしょうね。

dsc_0086

台風18号の進路が当地方の予報なので、覆いのシートが半分外されました。

dsc_0062

左側の新築現場は、信用金庫本店。来年の3月ごろの開店に向けて工事が進んでいます。

近辺が大分様変わりするのでしょうね。

 

yoko&seiko

 

 

 

米屋の解体ここ数日

dsc_0017

2階の窓がすっかりなくなり、がら~ん。

dsc_0039

 

 

 

 

 

 

 

 

神棚の上を取り外し始めました。

dsc_0052

お~~積年のホコリ! 昭和三陸、チリ地震、東日本大震災を乗り越えた86年分のホコリがズササササー。

dsc_0085

呼吸をそろえて、そ~っと。

dsc_0025

2階東側からみえる立派なビルは、半月前に完成した内湾魚町地区住宅。

1階が店舗、2~4階が公営住宅。

dsc_0053

海水を吸って膨らんでしまった、開かずのタンスに悪戦苦闘させてしまいました。

dsc_0086

きれいに抜けました。お見事。

dsc_0098

数日後、職人さんが増えて、屋根に取り掛かりました。

dsc_0107

因幡の白兎?屋根の下地、思ってたよりきれいです。

と思ったら、この下にも屋根がありました。

どうやら雨漏りがして屋上屋を重ねたそうですが、

そう、今となっては誰も知らない、、、。

そういう案件が多くなっています。

これはもしや誰も知らない屋根裏があって、

お宝が眠っているかも、と思ったらありました!

 

雨漏り対策の金だらいが(笑)。

 

seiko

米屋の解体

dsc_0013

店米山武の裏、蔵の東側にあった母屋と台所をつなぐ廊下があっという間になくなっている~。

dsc_0017

まず、建具の搬出です。これは2階の障子。1階の建具は津波被害で散々だったから残ってるだけで愛おしい。

dsc_0043

2階の天井剥がし。86年分の塵ホコリがたぶん山となってる(笑)フル装備で格闘中。

dsc_0054

欄間はこんなんなってました~。

dsc_0008

事務所の壁や腰板を剥がしたら「木舞竹」と言う土壁。格子状に編んだ竹に土を塗る工法だそうです。

蒸し暑過ぎて、、、ひとつだけ先に穴開けた~!と工事の人。隣の駐車場が丸見えです。

dsc_0212

空き家状態の我が家に住み着いてた野良猫の子ども。たぶん。

2階の畳のあちこちに鳥の羽が散乱してたから、きっとスズメやハトでも捕食してたんでしょうね。
残る家屋もほとんど無くなって、どこで暮らしてるやら。

dsc_0231

1階の茶の間。掘りごたつになぜか水が、、、。

dsc_0249

昭和5年、上棟式の名残を発見!

dsc_0281

屋号のヤマ五の文字が、煤けてはいますが見て取れますね。天晴れ!

一日一日とベールをぬぐように裸になっていく店米山武。

建てるのの逆、つまりフィルムの逆回しが行われていると思えばいいのかな?

さぁて、次の投稿時はどんなでしょうか。

 

seiko

払えたまえ清めたまえ

DSC_0039

店米山武の復元工事に向けいよいよ動き出しました。

8月29日から解体工事が始まると知り、前日に慌てて神事を。ちょうど友引のよき日でした。五十鈴神社(おしんめさん)の神山宮司にお越しいただき、これまでのお礼と工事の無事を祈りました。

シャアッシャアッとオオヌサが振られると、空気が止まって清められているように思いました。

DSC_0045

しばらくは使っていませんでしたが、基礎丸ごと撤去されるので井戸のお払いもしました。

DSC_0138

何だかビル工事でも始まるような覆いが施されました。

さぁ、次はどんな変化があるのでしょうか。

 

seiko

さんま船 出船おくり

DSC_0197

大型さんま船漁が20日解禁されるのに合わせ、北海道沖に本日出船しました。

台風7号のせいで一日遅れになりましたが、今日も雨。
それでも多くの方々が集まって賑やかに出船おくり式が行われました。

DSC_0175

大漁祈願の餅まきです。
雨など気にせず、、、「こっちさ撒げ~!!」と声が聞こえてきます。(笑)

DSC_0183

こんなツワモノがいてびっくり!
傘が戦利品のカゴになっていました。

DSC_0201

雨降る中で、「いってらっしゃ~い。」

元気な声のちびっこたち。
可愛い~お見送りに心が和みました。

長い間、投稿しませんでしたがおかげさまで元気に暮らしています。

街もだいぶ様変わりし、店米山武も早ければ来月から解体が始まりそうです。

2ヶ月くらいかけてばらし、基礎撤去等基盤整備、、、に約4か月。

その後、半年ぐらいで復元工事。来秋?か初冬ぐらいには完成する予定です。

それを待たずに、eikoばあちゃんは今年2月に旅立ってしまいました。

色々教えてほしかったことがいっぱいあったのに、突然のことでほんとうに残念です。

どうか、見守っていてくださいね。

 

seiko

 

内湾今昔物語

DSC06962

秋も深まり、街中の木々も色づいてきました。

久しく更新しませんでしたが、元気に暮らしています。

内湾の区画整理事業はなかなか進まないものの、ビル等が順次解体されて、大分様変わりしてきました。

信用金庫のビルとカトリック教会があるので、ここはどこか分かりますね。

はい、魚町一丁目交差点です。

仙台銀行があった場所にはコンビニが出来ました。

DSC06967

ちょっと見では分かりにくいでしょうか。

土がむき出しの所は、気仙沼女子高があった場所で、災害公営住宅が整備されるようです。

オレンジ色の屋根は産婦人科。

DSC06972

その昔、ワタブンがあったあたりから安波山方面です。角星~相馬屋~米屋を望む。

街区ごとに全て撤去され、かさ上げされ、元の面影はほとんどありません。

写真右側の方に店舗と災害公営住宅の複合4階建てビルが出来る、とのことで基礎工事中です。

DSC06975

ここはどこ?

通称マンボ通りの街区もかさ上げされて、基礎工事が始まっています。

左の角は、七十七銀行があったところ。

米屋は来春ころまでに解体、保存して、かさ上げを待って修復復元になるのでしょうか。

周りの復興状況と歩調を合わせながら、進めなくてはならないのです。

かな~り 気の長~~い話。(笑)

 

seiko

店米山武の行く末は?建物調査~解体~復元へ

DSC06236

いよいよって感じでしょうか。

店米山武の保存に向けた調査がありました。

建築、不動産鑑定、区画整理事業、、、様々な事業に関わる方々が綿密に調べていました。

土地区画整理が本格的に始まり、基礎撤去やら解体工事が増えてきました。順序は分かりませんが、街区ごとにかさ上げされ、道路の拡張工事や更に基盤整備へと段々進んでいくのでしょうね。

DSC06241

四畳半程度の地下も調査。

米が配給制だった戦時中には瀬戸物を販売していたらしく、売れ残りがだいぶ入っていました。

泥水ヘドロ残がいでしっちゃかめっちゃかだったので、震災後すぐに水を汲み出してある程度は片付けていましたが。。。

DSC06258

石蔵の中の状態も詳しく調査。

蔵の2階にある残留物の仕分け作業を、と言われ、あぁ~難題発生!

ま、ぼちぼちやりましょうかねぇ。

詳しいことはまだ分かりませんが、解体して保存、換地された場所に復元するような話です。

仮換地もまだだし、ほんとに、なが~~~い道程のりですねぇ。

 

seiko